聖徳太子

聖徳太子(しょうとくたいし)  

飛鳥時代の皇族で政治家
厩戸皇子または厩戸王
敏達天皇3年(574年)1月1日~推古天皇30年(622年)2月22日
用明天皇の第二皇子で、母は欽明天皇の皇女穴穂部間人皇女

  • 「聖徳」は諡号
  • 大宝令の注釈書「古記」(天平10年、738年頃)には、「上宮太子の諡号を聖徳王とした」とある。
  • 聖徳太子という呼称は生前にはなく、没後100年以上を経て天平勝宝3年(751年)に編纂された「懐風藻」が初出と言われる。

兼知未然  

  • 日本書紀には「兼知未然(兼ねて未然を知ろしめす、兼ねて未だ然らざるを知ろしめす)」とある。この記述は後世に「未来記(日本国未来記、聖徳太子による予言)」の存在が噂される一因となった。
  • 平家物語巻第八に「聖徳太子の未来記にも、けふのことこそゆかしけれ」とある。また、太平記巻六「正成天王寺の未来記披見の事」には楠木正成が未来記を実見し、後醍醐天皇の復帰とその親政を読み取る様が記されている。

忍者  

  • 秦の河勝(香具師の祖)、服部氏族(伊賀忍者の祖)、大伴細人(きびと、さいにゅう。甲賀忍者の祖)らの忍者を使ったという。
  • 当時は志能便(しのび。主人によき便り、謀報をもたらすべく志ぎす者の意)とも呼ばれた。
  • 太子は、伊賀忍者が祖と仰いでいたという御色多由也(御弓路太夫おゆろたゆや)も使ったという。

墓所  

  • 大阪府南河内郡太子町の叡福寺(えいふくじ、上之太子)。
    • 穴穂部間人皇女と膳部菩岐々美郎女を合葬する三骨一廟。
  • 直径約55メートルの円墳で、墳丘の周囲は「結界石」と呼ばれる石の列によって二重に囲まれている。

太子廟の七不思議  

  1. 樹木が生い茂った御廟内には、松や笹が生えない。
  2. 鳥が巣を造らない。
  3. 大雨が降っても御廟の土が崩れない。
  4. 御廟を取り巻く結界石は何度数えても数が合わない。
  5. メノウ石に太子の御記文が彫られたものが、太子の予言どおりに死後430年後(天喜2年(1054年))に発見された。
  6. 御廟も西にあるクスノキは、母后を葬送したときに、太子自らがかついだ棺の轅(ながえ)を挿したものが芽をふき茂った。
  7. 寛平6年(894年)、法隆寺の康仁大徳が御廟内を拝見した時、太子の着衣は朽ちていたが、その遺骸は生きているように温かくやわらかだった。

関係する項目