織田左文字

織田左文字(おださもんじ)  


大磨上無銘
名物 織田左文字(おださ)
二尺二寸四分
織田左文字

  • 左文字の作
  • 享保名物帳所載

    織田左文字 磨上二尺二寸四分 代金百枚 井伊掃部頭殿
    信長公御物御二男信雄卿へ進せらる如何なる伝なるか掃部頭殿に有り、慶長四年極め

由来  

  • 織田信長所持、二男信雄(三介、茶筅丸)に譲ったことにちなむ。

来歴  

  • 信長から信雄へ。
  • このあと井伊直政の所持になるまでの来歴が不明。
    • 天正12年(1584年)6月、信雄の重臣である前田与十郎(前田長定)が、滝川一益の誘いにより羽柴秀吉陣営に寝返り、尾州蟹江城にこもり叛旗を翻している。井伊直政が駆けつけ鎮圧に働きがあった。この時に贈られたものとされる。(蟹江城合戦)
      前田与十郎は、翌7月に舟で城を退去しているところ、家康の命により妻子ともども殺害された。子の前田長種は降伏し、正室幸(利家長女)の縁を頼って前田家の家臣となり、富山城代を経て加賀国小松城代となり2万石を給された。のち加賀八家の前田対馬守家として幕末まで続いた。
  • 慶安4年(1651年)極月3日に本阿弥光温に鑑定に出し、金百枚の折紙を付けさせている。
  • 幕末になると、彦根藩15代藩主井伊直亮(12代当主。13代井伊直弼の兄)は拵えを新調する。「おた左(織田左文字の意味)」と自ら書いてそれを鍔に透かし彫りさせ、この刀にかけていた。鞘は青貝に井桁紋くずしの蒔絵、金具はすべて緋色の素銅、柄糸は皮であった。
  • 明治19年(1886年)、靖国神社の遊就館に出品されている。
  • 大正12年(1923年)の関東大震災で焼身となってしまう。


織田左文字鐔  

  • 拵えに付けられていた鐔(つば)は、「おださ透鐔」と呼ばれ、「今村押形」に所載。
    • 「おた左」(織田の左)の文字が透かしで入っている。文字は井伊直亮自身による。
  • この鐔は、現在佐野美術館所蔵。