紅葉狩

Table of Contents

紅葉狩り(もみじがり)  

太刀
備前長船兼光
三尺三寸

  • 加藤清正の蔵刀
  • 朝鮮で虎の首を切り落としたという。

来歴  

  • 江戸城の石垣用として肥後から巨石を献上する時、清正は三尺三寸の兼光を指し、手に扇を持って木遣音頭(きやりおんど)を唄ったという。
  • 清正死後、遺物として将軍秀忠に献上した。
  • 江戸城火災の時は、腰物係が縄でからげて本丸の井戸に放り込んだため焼失を免れたという。
    しかし清正の形見分け目録では、将軍秀忠には長船長光太刀来国光の脇差を献上したとなっている。




中島石右衛門所持「紅葉狩り」  

太刀
もみぢがり/中島石右エ門
刃長二尺三寸五分

  • 幕末に王子稲荷神社に紅葉狩りという太刀が奉納されていた。
  • 不動利剣の彫刻があり、中心には差表に「もみぢがり」裏に「中島石右エ門」と切りつけてあった。

来歴  

  • これは窪田清音(くぼたすがね)の父である窪田助左衛門勝英が、寛政9年(1797年)重病平癒のさいに寄進したものである。
    窪田清音新々刀刀工源清麿の師匠であり庇護者。清麿の清の字は清音の字をもらったものである。
  • これに添えられた由緒書きによると、中島石右衛門は加藤清正にしたがって文禄の役で朝鮮へ出陣した。
  • 立花宗茂が明兵数万に囲まれた際に救援に赴き、キコル山に到達する。
  • そこで石右衛門が物見役に付いていると、明兵8人が襲撃してきたため即座に3人を斬り伏せ、2人に重傷を負わせたところ、残り3人は逃げ去ったという。
  • 清正は、むかし平維茂が戸隠山で鬼女を退治したのに似ているといって激賞し、この刀を与えるとともに文禄2年(1593年)2月18日付で「維茂石右衛門へ」と感状を出している。
  • 中島石右衛門はこれに「紅葉狩り」と名付け家宝とした。
  • 享保のころに中島作太夫の娘が窪田勝英の本家にあたる窪田主水正識に嫁いだ時、婿引出として主水正識に贈られる。
  • それが分家の勝英の家に移っており、勝英が王子稲荷に寄進した。