米沢藤四郎

米沢藤四郎(よねざわとうしろう)  

短刀
名物 米沢藤四郎
刃長八寸七分

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    米沢藤四郎 長八寸七分 在銘無代 御物
    昔は大坂の御物なり、米澤中納言景勝殿所持、秀吉公へ上る、忠長卿へ進せらる、又々家光公へ進せらる

由来  

  • 米沢藩主上杉景勝所持にちなむ。

来歴  

  • はじめ秀吉所蔵
  • 遺物としてか、出羽米沢城主上杉景勝のもとへ。
  • 景勝はのち二代将軍秀忠に献上する。
  • 秀忠は、寛永2年(1625年)2月5日に三男の駿河大納言忠長の邸に赴き、豊後行平太刀郷義弘の刀とともに贈っている。

    五日駿河中納言忠長卿邸に大御所渡御あり。尾張中納言義直卿。水戸宰相頼房卿も御相伴としてわたらせらる。(略)ふの賜物。忠長卿に行平の御太刀。郷の御刀。米澤吉光の御脇差。