童子切安綱

童子切安綱(どうじぎりやすつな)  

太刀
銘 安綱名物 童子切)
刃長80.0cm、反り2.7cm、元幅2.9cm、先幅1.9cm、鋒の長さ3.1cm
国宝
東京国立博物館所蔵

  • 享保名物帳所載

    童子切安綱 在銘長二尺六寸六分 松平越後守殿
    丹波大江山に住す通力自在の山賊を源頼光太刀にて討ちし故と申伝候。
    秀忠公御物高田様越前へ御入輿の刻三位宰相忠直卿江被進御長男光長卿へ御伝也、極上の出来にて常の安綱に似たるものに非ず、石田と一所に一覧申、格別に正宗をとりたり、同苗一同に同意也、此太刀広小路三郎兵衛宅へ来る朝より筋違橋辺より狐多く出上野谷中道に行くと考へに右童子切来る故とか申也云々

Table of Contents

由来  

  • 源頼光が、頼光四天王を引き連れ丹波大江山の酒呑童子の首を切り落とした時の剣という。酒呑童子退治の逸話とともに広く知られている。
  • それによると、頼光が四天王とともに大江山に棲むという鬼を退治するため向かい、途中で三人の翁(熊野、住吉、八幡)に出会う。翁たちは、頼光たちに「神便鬼毒酒(じんべんきどくしゅ)神変奇特酒(しんぺんきどくしゅ)とも)」、「打銚子(うちでうし)」(ながえのてうし)、「星兜(ほしかぶと)」(帽子兜(ぼうしかぶと)とも)を授ける。
  • 「神便鬼毒酒」は、人が飲めば千人力の薬となるが鬼が飲めば飛行自在の神通力を失うという。また「打銚子」は神便鬼毒酒を入れる銚子で、昔神世の時にこの銚子で酒を飲ませることにより鬼を平らげたとするもの。最後の「星兜」は、昔神軍が悪魔を鎮める時に「正八幡大菩薩が召したるもの」であるという。
  • 頼光一行は山道を進み、鬼が城に辿り着き、山伏に化けて酒盛りを開かせ、「神便鬼毒酒」を飲ませ、体を動かなくしたうえで神殿で寝ていた童子の寝首を安綱太刀で掻いたという。首は頼光の兜に食らいつくが、十二枚張りの星兜により一枚だけ残しなんとか無事であったという。外にでると茨木童子が襲い掛かってくるが渡辺綱がこれを倒す。さらに石熊童子や星熊童子、虎熊童子なども退治したという。
  • これよりのち、この安綱太刀は「童子切」と呼ばれることとなった。

来歴  

  • その後足利将軍家に渡り、重代の名刀の一つとして伝える。
  • 15代足利義昭から豊臣秀吉に贈られたが、秀吉は手元に置くことを嫌い本阿弥家に預けたという。
  • その後徳川家康、秀忠と受け継がれた。

越前北ノ荘藩(越前松平家)  

  • 慶長16年(1611年)11月、秀忠の息女勝姫(高田様、天崇院)が越前北ノ荘藩の松平忠直に輿入れする際に越前松平家に渡ったが、元和9年(1623年)忠直は乱行の為流罪となった。
  • 嗣子光長は当時8歳であり、幕府は越前北ノ荘藩を越後高田藩主であった松平忠昌(忠直弟)に継がしめ、光長は寛永元年(1624年)越後高田藩を立藩することになった。

越後高田藩(松平光長)  

  • 「童子切」は光長に渡ったが、延宝2年(1674年)に光長の嫡子綱賢が男子なく死去。光長も高齢であり、高田藩では後継者をめぐって越後騒動が起こる。将軍後継問題も絡み、延宝8年(1680年)に綱吉が5代将軍に就任すると、綱吉により親裁が行われた結果、お家取り潰し、藩主光長も伊予松山藩主松平定直へお預け(蟄居処分)とされる。

美作津山藩(津山松平家)  

  • その後、元禄10年(1697年)に光長は隠居、翌元禄11年(1698年)に養子長矩(のち宣富)がお家再興を許され美作津山藩10万石に封じられた。津山藩(作州津山松平家)では、この「童子切」と「稲葉郷」、「石田正宗」の3振の名刀を家宝として伝えたという。

昭和以降  

  • 昭和8年(1933年)1月23日付けをもって、松平康春子爵名義で国宝第一号に指定。

    昭和八年文部省告示第十五号
    太刀 銘安綱
    附糸巻太刀

  • 昭和15年(1940年)遊就館名刀展覧会出品時も松平康春子爵所持。
  • 終戦後、同家から石黒久麻呂氏が8万円で引き出し、昭和21年(1946年)8月に玉利三之助氏が10万円で入手する。
  • 昭和26年(1951年)6月9日、国宝保存法による国宝指定の刀剣第一号となっている。この時も玉利三之助氏所持。

    文化財保護委員会告示第一号
    太刀 銘安綱名物童子切安綱) 一口
    附糸巻太刀拵、梨地葵紋散太刀
    玉利三之助

  • さらに村山寛二氏に譲渡し、昭和26年(1951年)ごろ、村山氏が渡辺三郎氏に借金のカタとして渡したことから後日裁判で争うこととなった。最終的に昭和38年(1963年)3月、文化財保護委員会(文化庁)が2630万円(当時)で買いあげ、うち2000万円を玉利氏、残り600万円を渡辺氏で分けることで決着した。
  • 昭和39年(1963年)3月に文化庁お買い上げ。




エピソード  

石田正宗との比較  

  • 名物帳に、「石田と一所に云々」とあるのは、この頃に「童子切」と「石田正宗」が本阿弥家に砥に出され両刀を比べた時の話である。童子切は、安綱作で似たものがないほど極上の出来であり、石田正宗が劣っていると一同同意したという。

    極上の出来にて常の安綱に似たるものに非ず、石田と一所に一覧申、格別に正宗をとりたり、同苗一同に同意也

  • さらに続く部分は、当時上野広小路にあった本阿弥三郎兵衛の宅に童子切を運ぶ際に、筋違橋(現在の万世橋と昌平橋の間)のあたりで、刀の威光を怖れたのか狐が多数逃げていったという話である。

    太刀広小路三郎兵衛宅へ来る朝より筋違橋辺より狐多く出、上野谷中道に行くと考へに右童子切来る故とか申也云々

試し切り  

  • 元禄年間、津山松平家に入った頃、町田長太夫という試し切りの達人によって試し切りに使われた際には、重ねた六体の死体を切り通し(六つ胴)、さらに下の土壇まで切れ込んだという。

首塚大明神  

  • 京都府京都市西京区大枝沓掛町の西端、京都縦貫道と交わる辺りに「首塚大明神」がある。
  • むかし酒呑童子を退治した源頼光と四天王が、首を都に持ち帰る途中ここで休憩したという。
  • すると突然、道ばたの子安地蔵が「鬼の首のように不浄なものを都に持ち帰るべからず」としゃべったという。それでも坂田公時が首を持ち上げて持ち帰ろうとすると、首が急に重くなり動かなくなったため、やむなく首塚として埋めた。その場所は、後に酒呑童子を祀る首塚大明神となったという。
    古来酒天童子がいたのは「大江山」であるとされ、これは現在の丹後半島の付け根にある丹後天橋立大江山国定公園に含まれる。この大江山は、小式部内侍の「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立」という歌に詠まれている。
     しかし一説に、酒呑童子がいたのは「大枝山」だったという説がある。この大枝山は現在は老ノ坂として知られる場所で、京都市と亀岡市の境に位置する。大枝山は、古来平安京の四堺(大枝・山崎・逢坂・和邇)の一つであり、ここまでが都とされた。

成相寺  

  • 京都府宮津市の成相寺には、「神便鬼毒酒」に用いたという酒徳利と杯が所蔵されている。


異説  

結城家伝来  

  • 結城秀康(松平忠直の父)が、結城晴朝の養子になった際に、同家伝来の安綱を譲られたとも言う。
  • また小牧・長久手の戦いの後に講和の条件として結城秀康が秀吉のもとへ養子として差し出されるが、この時に家康より「童子切」の刀と采配を餞別として授けられたという。
  • つまり、将軍家から秀忠の息女勝姫を通じて越前松平家に渡ったのではなく、結城家に伝来したものを結城秀康から贈られたということになる。ただし現存する童子切には糸巻太刀拵がついており、その金具には五七の桐紋がついている。これは豊臣家から家康に渡ったということを示している。※梨子地の刀箱も残るが、こちらは葵紋が入っている。

摂津家伝来  

  • また一説には、室町幕府の評定衆であった摂津家に古くから伝来したともいう。摂津家は衰微すると日野家に仕え、更に都落ちをして摂津与一の時には越前松平忠直に仕えており、その際に同家に伝わったとする。
  • 新井白石もこれを実見したという。
    この摂津氏とは、明法家中原氏のわかれで、元は摂津守に叙任されていたことから氏族の名を摂津へと改めた摂津氏末裔のこと。ただし摂津氏嫡流は足利義輝及び足利義昭に仕えた摂津晴門が元亀2年(1571年)を最後に記録から消え、またその子摂津糸千代丸はそれを遡ること6年前、永禄8年5月(1565年)に義輝と共に討たれたため断絶したとされる。摂津与一がどの系統なのかはわからない。

異なる押形  

  • 本阿弥光悦押形によれば、童子切は雉子股形のなかごになっているがこれは現存刀と大きく異なる。また現存する童子切の目釘孔は瓢箪形になっているが、光悦押形では通常の丸形である。さらに銘の字体やなかごの長さ、目釘孔の位置も異なっているため、光悦押形と現存する童子切とは別物ということになる。
  • 仮に光悦押形が正真の童子切であるとすると、本阿弥家でベタ褒めしたという逸話が嘘、もしくは匹敵するような安綱に入れ替わっているということになる。逆に現存が正真であれば光悦押形が何らかの理由で別物を載せているということになる。

宮本武蔵  

  • 宮本武蔵が佩いたとも言われるが、二天記によれば(吉岡一門数十人と決闘を行った一乗寺下り松に向かった際に佩いていたのは)安綱ではなく、息子の大原真守であったという。

タグ