稲葉郷

稲葉郷(いなばごう)  


金象嵌銘天正十三十二月日江本阿弥磨上之花押(光徳)/所持稲葉勘右衛門尉
名物 稲葉江
刃長70.9cm 反り2.0cm 元幅2.9cm 先幅1.9cm 鋒長4.2cm
国宝
個人所蔵

  • 越中松倉郷、郷義弘の作。郷は江戸以降「江」の字を当てる
  • 享保名物帳所載

    稲葉郷 象嵌銘長二尺三寸四分 不知代 松平越後守殿
    表裏樋、忠(なかご)裏に稲葉勘右衛門尉、裏に天正十三十二月日江、本阿弥磨上ると象嵌銘あり、稲葉勘右衛門尉殿所持家康公五百貫に召上られ慶長五年八月家康公下野小山迄御出馬の節、奥州の押へを秀康公へ被仰付右の御刀と御采配秘蔵の御道具を進らる

  • 表裏に樋を通す。大磨上、目釘孔1個。

由来  

  • 稲葉勘右衛門尉(稲葉重通)所持にちなむ。

来歴  

  • 稲葉重通が所持していた。
  • 天正13年(1585年)に本阿弥光徳に依頼して摩上げ、金象嵌を入れている。
    名物帳のいう「稲葉勘右衛門尉」は、重通四男の稲葉道通(伊勢田丸藩の初代藩主)であるとされる。埋忠押形にも押形が載っており、それにはなかご先に目釘孔があるが現在はそれが見当たらない。そのため、押形を取った後に七分ほど詰めたことになる。
  • 後に家康が五百貫で召し上げる。
  • 慶長5年(1600年)、上杉景勝が石田三成に呼応して兵を上げた際、家康は下野小山(現栃木県小山市)で評定を開き、三成を討つべく関ヶ原方面に向かう。そのとき奥州の押さえとして結城秀康を残そうとするが、秀康は抗弁し西上軍の先手を希望する。家康はこの「稲葉郷」と秘蔵の采配を秀康に託し、説得したという。
    ただし小山会議は7月25日、東軍となった諸将は翌26日から進発するが秀忠はその後8月4日に出発するまで主将として小山に残っている。小山に秀康だけを残したわけではない。
  • 秀康は見事上杉家を封じ込めて関ヶ原勝利の要因を作り、「稲葉郷」は越前松平家から作州松平家に伝わった。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会では松平康春子爵所持。
  • 昭和のはじめに重要美術品指定。松平康春子爵所持。
  • 昭和26年(1951年)6月9日に国宝指定。中島たま氏所持。