秋田則重

秋田則重(あきたのりしげ)  

短刀
刃長八寸六分

享保名物帳所載(ヤケ)

秋田則重 長八寸六分 代金百枚 御物
秋田城之介所持、表剣うら梵字

  • 表素剣、裏梵字の彫物。

由来  

  • 秋田城介家の伝来刀
    安東愛季の次男秋田実季は、秋田城介を自称し秋田氏を名乗る。のち慶長16年(1611年)には、従来自称してきた従五位下秋田城介に正式に補任された。

来歴  

  • 秋田家の所持。
  • 黒田長政が買い上げる。このとき秋田家が代50両というのに対して、黒田家では100両贈ったという。
  • のち長政の孫黒田光之が、承応3年(1654年)5月に筑前福岡藩3代藩主を襲封した際に、御礼として将軍家に献上する。

    五月三日襲封を謝するのとき、家臣三人御前に出る。(略)この日父が遺物秋田則重の短刀および木丸の茶入をたてまつる。
    (寛政重脩諸家譜)