秋保瀬登丸

秋保瀬登丸(あきうせのぼりまる)  

短刀
無銘
長七寸六分

  • 表に素剣、裏に梵字の彫り物が入る。
    • 一説に新藤五国光の在銘とするが、「仙台家御腰物元帳」では来一門の無銘と記されている。

      秋保瀬登御合口
      無銘 長七寸六分 表剣彫物裏梵字

由来  

  • 秋保(あきう)氏所持にちなむ。
  • 「瀬登丸」の号は、秋保直盛の逸話による。秋保氏12代当主の秋保弾正忠直盛が塩滝不動尊に詣でた帰り道、秋保温泉の覗淵をのぞき込んだ時に、差していた伝来の脇指(短刀)を淵に落としてしまった。拾い上げようとしたがあまりに淵が深く、やむなくそのまま館に戻ったという。
  • その後この短刀は蛇となり、三町~四町も瀬を遡ったのちに元の姿に戻った。陽の光に照らされた刀身を見たものが拾い上げ秋保直盛に献上したことから、その奇瑞をとって「瀬登丸」と名付けたという。

来歴  

  • 天正7年(1579年)、秋保氏は居城であった館山城が焼失してしまい、秋保直盛は一族郎党を引き連れ最上氏の庇護下に入った。天童頼貞の娘を娶るが、最上家の家督争いでは伊達稙宗の支援を受けた最上義守側につき、その後秋保氏は伊達氏に帰属している。
  • 「瀬登丸」の奇瑞は伊達政宗の知るところとなり、秋保直盛の子秋保定盛(播磨)は寛永2年(1626年)に本刀を献上する。この恩賞として、翌寛永3年(1627年)伊達家の年始規式より、それまで御一家十番目であった秋保氏の席次は二番目(右上席)へと昇格した。
  • 秋保氏23代当主の秋保氏盛(平三郎・外記)は近習から御小姓頭に取り立てられ、安永5年(1776年)には奉行(家老職)に上り詰める。氏盛は天明の大飢饉の最中破綻した藩財政の立て直しを図り、天明6年(1786年)その功績が認められ知行を1,000石に加増されている。
  • 安永7年(1778年)、奉行職にあった秋保氏盛は、藩の御刀奉行に掛け合って先祖から献上されたこの「瀬登丸」を検分しており、「瀬登丸ハ長さ七寸六分、目貫赤銅三ツ根笹、外拵品無之」と書き留めている。