禡祭剣

禡祭剣(ばさいけん)  


刃長一尺三寸七分(41.5cm)
附 十二支蒔絵鞘
伝上杉謙信所持
重要文化財
上杉神社所蔵

  • 両切刃造の剣。
  • 表裏に樋があり、その中に梵字が表に46個金象嵌、裏に63個金銀象嵌で入る。表梵字下に七曜星も象嵌されている。いわゆる七星剣のひとつ。
  • 大ぶりの目釘孔1個
  • 錆で黒化しているために刃紋などは確認できないが、平安時代中期から後期の作とされる。
  • 鞘には、十二支が表裏に分けて6支ずつ、金梨地に平蒔絵となっている。
    • 明治24年(1891年)に今村長賀がこの「御拵付古剣」を拝見しており、その時の記録では「金銅三鈷の目貫」と記されるが、現在は柄は残っていない。

由来  

  • 上杉謙信が禡祭(ばさい)に用いた剣。
    • 「禡」は示偏に馬。
  • 出陣前の謙信は、春日城内に設けた護摩堂へ参籠し、禡祭壇に摩利支天を祀り、護摩を焚き軍神が降下して我が作戦を見守ることを祈った。その時に用いたのが「禡祭剣」(ばさいけん)であった。
  • この後、戦陣において「武禘祭(武禘式)」を行い戦勝祈願と戦意高揚を行うのが常であったという。

    禡祭御用御剣の儀、謙信公摩利支天法修行の際、護摩壇に於て御用遊品

  • のち上杉神社に寄進される。
  • 大正6年(1917年)4月5日に旧国宝指定。上杉神社蔵
  • 指定名「剣 無銘 身に梵字及び七星の金銀象嵌がある 附 十二支蒔絵鞘(伝上杉謙信所持)」
  • 上杉神社の宝物館稽照殿にて、不定期に公開されている。


禡祭礼(ばさいれい)  

  • 禡祭(ばさい)」とは中国に古くからあった軍神を祀る祭りで、行軍先で昔の武神を祀り作戦の成功を祈った。
  • 摩利支天、大黒天、弁財天。または弁財天の代わりに毘沙門天を入れて軍神三神と呼んだ。また陰陽家では上棟式でまつる玉女を軍神とした。
  • 謙信は真言宗の阿闍梨権大僧都でもあるため、この禡祭を密教様式で行っている。
    謙信は高野山金剛峯寺無量光院の第3世清胤を崇敬しており、上洛の度に必ず清胤の元を訪れた。永禄5年(1560年)には清胤を越後に招き宝幢寺を寄贈し、天正2年(1574年)には再度越後に招いて正式に師弟の契りを交えている。
    清胤は謙信の修行の導師を務め、同年12月謙信に四度の法会灌頂を授け、法印大和尚とした。この時から謙信は剃髪し法体となる。さらに天正4年(1576年)、最終段階の灌頂を授け阿闍梨権大僧都とした。