福島光忠

福島光忠(ふくしまみつただ)  

太刀
銘 光忠
名物 福島光忠
二尺三寸七分五厘

  • 享保名物帳所載

    福島光忠 銘あり長二尺三寸七分半 代金百三十枚 水戸筑前守殿
    昔福島左衛門太夫所持、表裏樋有なり

  • 表裏に樋。在銘。

由来  

  • 福島正則所持にちなむ。

来歴  

  • 父の死後、福島正利が将軍家光に「大光忠」を献上しており、それが本刀であるとされる。
  • 享保名物帳編纂の頃は、水戸の宍戸藩藩主徳川頼通のもとにあった。
  • 金三十枚の折紙がつく。