神戸剣

神戸剣(かむどのつるぎ)  

神度剣
大量(おおはかり)、大葉刈(おほはがり)とも

概要  

  • 阿治志貴高日子根神(アジシキタカヒコネノミコト)天若日子(アメノワカヒコ)の喪屋を切り倒した際に用いた剣という。

経緯  

  • 葦原中国平定のために高天原から遣わされた天若日子(アメノワカヒコ)と結婚した。天若日子が高天原からの返し矢に当たって死んだとき、下光比売命(シタテルヒメ)の泣く声が高天原まで届き、その声を聞いた天若日子の父の天津国玉神(アマツクニタマ)は葦原中国に降りて天若日子(アメノワカヒコ)の喪屋を建て殯‎を行った。
  • その葬儀に下光比売命(シタテルヒメ)の同母兄である阿治志貴高日子根神(アジシキタカヒコネノミコト)が訪れる。天若日子(アメノワカヒコ)の父天津国玉神(アマツクニタマ)はその姿があまりにも天若日子に似ていたため、思わず阿治志貴高日子根神にすがりついてしまう。
  • 死穢をまとった死者に間違われ怒った阿治志貴高日子根神(アジシキタカヒコネノミコト)は、この神戸剣(かむどのつるぎ)を用いて喪屋や祭壇を破壊してしまう。

大葉刈(おほはがり)  

  • 日本書紀の神代紀では大葉刈とする。

    則拔其帶劒大葉刈(刈 此云我里 亦名神戸劒)以斫仆喪屋
    (則ち其の帯し剣を抜き、以って喪屋を斫り仆せき)

阿治志貴高日子根神(アジシキタカヒコネノミコト)  

  • 大国主命(オオクニヌシ)多紀理毘売命(タキリビメ)の間の子。同母妹が下光比売命(シタテルヒメ)とする。