石田貞宗

石田貞宗(いしださだむね)  

脇指
無銘 相州貞宗(号 石田貞宗)
附黒漆小脇指
1尺3分強
重要文化財
東京国立博物館所蔵

  • 無銘平造り。
  • 表には梵字、蓮華、火形、護摩箸。裏には梵字と護摩箸の彫りが入る。
  • 拵えの角頭は綠赤胴七子、目貫赤胴水雅、柄白鮫鶯茶糸巻、鐔赤胴丸形、小柄紋顕乗作光壽彫付銘。

由来  

  • 号は石田三成が所持したと伝えられることから名づけられた。

来歴  

  • 関ヶ原の戦いの後、石田三成は逃亡するも近江伊吹山中で捕らえられ、十一月一日に小西行長や安国寺恵瓊らとともに処刑された。この時、三成から捕縛した田中吉政に貞宗が伝わったという。切刃貞宗の項を参照。
  • しかしそれとは別に、家康が三成を斬らずに榊原康政に預け、天寿をまっとううさせたという言い伝えが残る。この貞宗は三成が榊原家に贈ったもので、榊原家に伝来した。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会では小山悦之助氏所持。