甲割り

  • 冑を割ったという同名刀は複数ある。
Table of Contents

甲割り(かぶとわり)  

兜割
冑割(かぶとわり)

  • 備前長船兼光の作。
  • 兼光が、足利尊氏からの注文を受け、打った刀。
  • 試し切りで、鎧二領と兜とを両断した事からの命名という。
  • 兼光には褒美として、一丁(約109m)四方の屋敷と六万貫の地を与えたという。この屋敷は、長船の鍛冶頭が代々継承したという。

小笠原家「甲破り」  

太刀
銘 千代鶴(甲破り)

  • 信濃守護小笠原長時が天文19年(1550年)3月に武田信玄の軍勢を迎え撃った時、「千代鶴」と在銘の重代の太刀で甲の鉢を割ること数知らずというので、千代鶴を「甲破り」と名づけ、以後同家のゆずり道具の一つとなった。
  • 寛保2年(1742年)5月、将軍吉宗の台覧に供している。

坂崎出羽守「冑割り」  

脇差
冑割り
切付銘 主安藤伝十 此作和泉守 埋忠上之
磨上 一尺七寸四分五厘

  • 大坂落城の際に「千姫を助けだしたものに千姫を与える」という家康の言葉を受け、大坂城から千姫を助けだすが、千姫はのち本多忠刻との縁組が決まる。
  • 坂崎は、悔しさのあまり片手で甲を割ったという。
    • 坂崎出羽守直盛とは宇喜多忠家の長男で宇喜多直家の甥。東軍に与し石見浜田2万石を与えられるが、「宇喜多」の名を嫌った家康より坂崎と改めるよう命があり改めた。
  • 後に入手した旗本の安藤伝十郎定智が埋忠に依頼して磨上げたもの。
  • のち旗本多賀左近から出羽鶴岡城主酒井忠勝が金二百両と脇差一腰で買い上げる。明治2年に旧藩主酒井忠篤が鹿児島を訪問した際に、西郷隆盛に贈っている。
  • 西郷はこの刀を城山で最期まで指したという。
  • 戦後同家を出た。

男谷精一郎  

  • 男谷精一郎信友は、大慶直胤の刀で試し其の結果を切付銘で以下のように刻んだ。

    文政十一年臘月十七日於男谷信友館信友多羅尾光義六度甲試所難折難曲甲伏ス