無荘刀

無荘刀(むそうとう)  

直刀
大刀の刀身
刀身79.3cm
正倉院所蔵

  • 日本刀が登場する前の、直刀の時代の大刀の刀身
    「無荘刀」とは1本の刀身を指す言葉ではなく、飾りのない刀身を指す代名詞。刀身79.3cmの無荘刀は、2014年に第66回正倉院展で一般公開されたもの。正倉院には23口の無荘刀が保管されている。

概要  

  • 保存されているのは刀身のみで、柄や鞘は失われている。
  • 天平時代を100年以上さかのぼり、古墳時代の様式をとどめている。
  • 目釘孔は3つで、ほぼ等間隔に並ぶ。

無荘刀  

  • 無荘刀とは、本来は「拵えのない刀身だけの刀」を指す言葉。

    刀身のみにて荘飾を加へざる刀なり

  • 「荘」とは厳かを意味しており、それが転じて厳かな飾りのない刀という名前になっている。