無想正宗

無想正宗(むそうまさむね)  

眠狂四郎の愛刀
豊臣秀頼の遺品とされる妖刀
当然ながら存在しない

眠狂四郎(ねむり きょうしろう)  

  • 柴田錬三郎の代表作「眠狂四郎シリーズ」に登場する剣客。
  • ころび伴天連が大目付の娘を犯して生ませた混血特有の風貌を持ち、平然と人を斬り捨てる残虐性を持つ。
  • その複雑な生い立ちを背負い、虚無感を持ちつつ「円月殺法」という剣術を用いて無敵の活躍をし、以後剣豪ブームを巻き起こした。