源平討魔伝

源平討魔伝(げんぺいとうまでん)  

ナムコ(現バンダイナムコ)が1987年にアーケードタイトルとして開発したアクションゲーム

  • 平景清を主人公としており、悪魔のはびこる世を憂う天帝が三途の川の渡し守「安駄婆(あんだばあ)」に命じ、ぷれいやなる異次元の者の布施により景清を地獄から甦らせ、頼朝のいる鎌倉を目指す内容となっている。
  • 当時のアーケード(ゲームセンター)においては、ケタ違いの大きさのキャラクターと音声が一際異彩を放ち、その独特の世界観は抜きん出ていた。また中潟憲雄氏による世界観にマッチした和風ロック調の音楽をゲーム史に残る屈指の名曲と呼ぶ人も多い。
  • エンディングロールで流れるメッセージには深い意味が込められており、今も語りぐさとなっている。

神様は死んだ
悪魔は去った
太古より巣食いし
狂える地虫の嬌声も
今は、はるか
郷愁の彼方へ消え去り
盛衰の於母影を
ただ君の
切々たる胸中深くに
残すのみ
 
神も悪魔も
降立たぬ荒野に
我々はいる
 
故深谷正一氏に捧ぐ

  • 後に明らかにされた話によれば、この「神様」とは最後に登場するナムコ創世記に天才と呼ばれた名プログラマー深谷正一(ふかたに しょういち)氏のことであり、いっぽう「悪魔」とはそれとは別のこの時にはすでに別会社(遠藤雅伸氏設立の株式会社ゲームスタジオ)に去っていた天才プログラマー黒須一雄(くろす かずお)氏を指しているという。
  • 深谷氏は30歳という若さで惜しまれながら急逝するが、その腕と人柄を偲ぶ思いが開発陣に強く、数々のアーケードタイトルのエンディングロールにこの深谷氏に捧げるというメッセージを見ることができる。遠藤雅伸をはじめ、当時のナムコに在籍した多数のプログラマーの育成を担った人物であり、現在のゲーム業界でも人材育成における師弟関係を遡ると深谷にたどり着く人物が多い。
  • ゲームで描かれる源平の盛衰と、このナムコ社内のストーリーとが重ね合わされ、長い戦いを終えたぷれいやには一層その切なさが感じられ、感動が深くその胸に刻まれたことは言うまでもない。