清水藤四郎

清水藤四郎(しみずとうしろう)  

短刀
銘 吉光
名物 清水藤四郎
7寸5分

  • 享保名物帳所載

    清水藤四郎 在銘長七寸五分 代金三千貫 今清水御殿
    安芸国清水より出る、表裏護摩箸少し短し重ね三分餘、輝元卿所持、秀吉公へ上る、家康公所持尾張殿へ進らる、又秀吉公へ上る、細川三斎老拝領、京都町人辻次郎左衛門方に寛文の頃より有之、三斎老の拵あり大きなる鍔係り面白き拵なり
    別本に細川伊豆守とあり、また今一本の書には今清水殿とあり

  • 重ね三分余、表裏に護摩箸を彫る。
  • 鋩子焼き詰め、目釘孔2個。「吉光」の二字銘。

由来  

  • 安芸清水よりでたため名付けられるという。
  • しかし清水は地名ではなく清水氏にちなむものだともする。
    芸州藩清水家は、天正10年(1582年)高松城の水攻めで落城した清水宗治の子孫で、嗣子景治はわずか15歳だったという。通称は源三郎、小早川隆景から偏諱を賜り、景治と名乗る。この清水景治から毛利輝元に献上されたものとする。

来歴  

毛利家・秀吉  

  • 毛利輝元が所持し、文禄3年秋に秀吉に「新身国行」とともに献上される。

    太閤様御機嫌よく御膳召上られ其上御噺御座候、輝元公熊野の小鼓遊ばされ左候て新身国行御腰物、清水藤四郎御脇差差上られ候処、成程御機嫌よく御両腰御差なされ候云々

  • 秀吉はこれが気に入ったのか、その後も両腰に指している。

    只今御差しなされたる両腰は、先年右馬頭(輝元)進上申したる荒實国行(新身国行)の御刀、御脇指も右馬頭上げたりし清水藤四郎なり。此両腰、少しも御放しなく差させられ候、是は仔細ある事なり、夢を見たる時、刀にて切ると思へば切れず、脇指にて突くと思へば立たずして、難儀するものなるに、さやうの夢を御覧なされし時、あらみ国行の刀にて切ると思へば、打付けし所離れずといふ事なし。又清水藤四郎にて突くと思へば、裏かゝせぬ事なし。茲に因つて、腰を放されざるなり。是は右馬頭と隆景奸曲なく、我を大切に存じ、上様も夫を御覧じ付けられて、御心安く思召されし。
    毛利秀元記)

豊國神社  

  • 秀頼は豊国神社へ奉納するが、その後家康が召し上げている。

細川家  

  • その後関ヶ原の戦いの時に秀忠から細川忠興(三斎)に下賜されたと言う。

    関ヶ原のとき細川忠興那須より宇都宮に至り秀忠に謁し刀を献ず、秀忠より清水藤四郎を給ふ
    細川忠興記)

    同様の逸話は「彫貫盛光」にも伝わるため、関ヶ原の際に拝領したというのはそれと混同したものと思われる。

  • ただし、徳川実記によれば関ヶ原の時(慶長)ではなく、寛永2年のことだという。まず寛永2年(1625年)3月8日に尾張家から徳川宗家に献上されている。

    三月八日大御所尾張中納言義直卿邸にならせらる、(略)賜物来国俊太刀正宗御刀(略)献物は義直卿より正恒太刀、清水吉光の脇差
    (大猷院殿御実紀)

  • その後、同年(1625年)10月2日に細川忠興が国元へ戻る際に秀忠に謁した。その際に、名馬と道中服用の薬、清水藤四郎を下賜したと伝わる。

    (寛永二年)十月二日細川忠興入道三斎帰国の辭見して御馬を給ふ。又大御所(秀忠)御前にめされ、旅中服用の御薬をたまひ、御手づから清水藤四郎の御脇差を下され、その時仰ありしは、吾そのかみ汝等とゝもに、豊臣太閤の前に出て談話せし折から、汝この脇差を見て、あはれ此清水が作の脇差を帯し、利休居士が尻膨の茶入にて、茶事を催なば、生涯の至楽たれりと申けるは、其詞今も耳に残れるをもて、汝に此脇差をさづくるよし仰ありければ、忠興感謝して退く
    (大猷院殿御実紀)

  • 細川忠興から立孝(忠興の四男)、行孝(肥後宇土藩の初代藩主)と伝わった。延亨(1744)以降、藩財政の窮乏に耐えかねこの清水藤四郎を手放した。

商人・将軍家  

  • 寛文の頃には京都の商人辻次郎左衛門(次郎右衛門とも)が所有していたという。澤了員、亀澤(亀屋)源太郎の元を転々とし、11代将軍家斉に献上された。
  • さらに清水徳川家に下賜され、その後一橋慶喜へ献上される。
    文化(1804)のはじめに清水家で買い上げ、それを将軍家に献上したところ、徳川慶喜が実弟の清水昭武に与えたともいう。
  • 慶応のころ、将軍慶喜より弟である清水民舞大輔昭武(清水徳川家第6代当主)に下賜される。

水戸家  

  • 昭武は明治元年に生家の水戸家(第11代藩主)を継いでいるため、以降水戸家の重宝となった。
  • その後黒田清隆が所蔵したともいう。

タグ