河合正宗

河合正宗(かわいまさむね)  


磨上無名 相州正宗
二尺三寸七分、重ね二分

由来  

  • 元は土佐藩士河村某所蔵にちなむ。
  • 山内家では”河正宗”と呼んでいたが、世間に出てから誤伝し、河正宗となった。
    一説に、岡山藩主池田忠雄が寵愛する小姓の渡辺源太夫に横恋慕し、伊賀国鍵屋の辻の決闘(伊賀越の仇討ち)において渡辺数馬に斬られた河合又五郎所持のためともいう。

来歴  

  • 明治2~3年ごろ、前土佐藩主の山内容堂が、酒宴の席上において「この刀はもう余には重くなりすぎたのでそちに取らせよう」といい、画家荒木寛一に与えた。寛一は翌朝になって拝領したものが高名な河合正宗と気付き、酒席の冗談だと思い容堂の許へ返しに行くと、「一旦そちが差した刀を余が差せるか」と笑い、受け取らなかったという。
    • 荒木寛一の兄は画家荒木寛畝(かんぽ)。山内容堂の知遇を受け、安政3年土佐藩の絵所預となる。明治31年東京美術学校(現 東京芸大)教授。
    • 刀には寛一の書いた由緒書きの巻物がついていたという。
  • 明治5年に容堂薨去後に荒木寛一が売りに出したものを、福地源一郎(桜痴。ジャーナリスト・作家・政治家)が買う。
  • 明治22年、桜痴が歌舞伎座創立にあたってこれを手放すと、明治天皇の元侍従であった萩昌吉に渡った。それを明治26年ごろに肥後勘四郎の子孫西垣四郎作(肥後金工)を通じて、刀商網屋惣左衛門が買い、さらに千円で執行弘道(しゅぎょう ひろみち)に売った。
  • 執行弘道はアメリカで美術商をしており、アメリカに持ち帰って実業家トーマス・イ・ワカマンに売る。その死後、明治38年に競売に出されニューヨーク郊外に住む富豪が600ドルで落札する。
  • その死後、昭和13年に競売にかけられ、業者が落札したものを大沼某氏が購入し、太平洋戦争勃発直前に日本へ持ち帰った。
  • その後行方不明