沢瀉

沢瀉(おもだか)  

源義家からの八領の鎧のひとつで源氏重代相伝の鎧。
造りが沢瀉縅(オモダカオドシ)であることから付いた名前。
澤潟、面高

由来  

  • 沢瀉(をもだか)は池や沢などに自生する水草の一種で、矢尻状の葉が盛り上がっているので「面高」とも呼ばれる。
  • 沢瀉が群生しているさまは「まるで矢尻を並べたように見える」ため武人に好まれ、"勝ち草"、"勝軍草"などとも呼ばれ、意匠として好まれたと言う。
  • 鎧は鉄や革に漆を塗った小札(こざね)を糸で綴じて造り、これを「(おどし)」と呼ぶ。
  • ここで数種類の糸を使って袖(そで)や錣(しころ)に三角形の文様を描く手法を、オモダカの葉の形になぞらえて、沢瀉縅(おもだかおどし)と呼ぶ。

来歴  

  • 平治の乱では、義朝の次男源朝長が着用した。
  • 敗戦で落ち延びる際に、雪中に脱ぎ捨てたという。

他家の沢瀉縅  

  • そのため、沢瀉縅は源氏八領以外にも多く現存する。