沃懸地杏葉螺鈿太刀

沃懸地杏葉螺鈿太刀(いかけじぎょうようらでんたち)  

太刀二口
衛府の太刀
国宝
鶴岡八幡宮所蔵

  • ほぼ同じ太刀が二口ある。
  • 「新編相模風土記稿」には「二振は衛府太刀」とあり、「頼朝の帯せし物と云ふ」と伝え、太刀図と説明文が記載されている。また「集古十種」にも「杏葉太刀図」と「金具図」を載せている。
  • この沃懸地杏葉螺鈿太刀のような太刀は、近衛府の高官が佩用したものといわれており、衛府の太刀という名称や源頼朝公所用との伝承もこれに起因するといわれる。