池田来国光

池田来国光(いけだらいくにみつ)  

短刀
来国光名物 池田来国光)
重要文化財
刀剣博物館所蔵(渋谷区代々木)

  • 来国光は来国俊の次男。
  • 享保名物帳所載

    池田来国光 在銘長八寸七分 代三千貫 松平加賀守殿
    池田三左衛門所持、鵜首造り表裏薙刀極め并添樋

由来  

  • 池田三左衛門輝政が所持した事からその名が付く。

来歴  

  • 後に加賀前田家に伝来する。
  • 万治3年(1660年)に本阿弥家に鑑定に出され、千五百貫の折紙がつく。延宝6年にも鑑定に出され三千貫になっている。
  • 前田家の記録では「百五十枚折紙、御献上御用意御拵有」とあり、いつでも将軍家に献上できるよう葵紋付きの拵えがなされていた。
    • 同家では、このほか「日置安吉」なども献上拵にして準備していたという。
  • 戦後まで前田家に伝来。
  • 文化元年(1804年)本阿弥喜三次、文化9年(1812年)には本阿弥重郎左衛門がお手入れしている。
  • 戦後同家を出て、昭和6年(1931年)1月19日に旧国宝指定(現在は重要文化財)。
  • 財団法人日本美術刀剣保存協会刀剣博物館の所蔵。