江雪正宗

江雪正宗(こうせつまさむね)  


銘 正宗
名物 江雪正宗(紅雪正宗

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    江雪正宗 在銘長二尺六寸三分 無代 御物
    北条氏家臣岡江雪所持、宗の常と違ふ

  • 銘は「正宗」、ただし宗の字が他と異なっており、それゆえ本阿弥家で折紙がつかなかったとされる。

由来  

  • もとは、北条氏政の家臣板部岡江雪(江雪斎)の愛刀であったため名付けられた。

来歴  

  • 板部岡江雪が家康に献上。「光悦刀剣名物帳」に載る。
  • 家康はこれを帯びて関ヶ原、大坂の役に出陣。
  • 寛永9年(1632年)正月、秀忠は死に臨み家光にこれを譲っている。
  • 詳註刀剣名物帳」では今村長賀の話を出し、紀伊徳川家に二尺五寸九分の刀が伝わっており正宗(江雪正宗)が左文字(江雪左文字)になったのではないかと書いているが、江雪左文字は昭和9年の売立で24300圓もの高値で落札されており、一度焼けたとは到底思えない。