江雪左文字

江雪左文字(こうせつさもんじ)  

太刀
銘 筑州住 左
刃長2尺5寸8分(78.2cm)、反り2.7cm、元幅3.3cm、先幅2.1cm。
国宝
株式会社小松安弘興産所蔵(ふくやま美術館寄託)

Table of Contents
  • 短刀の製作を得意とするため、現存する有銘の太刀は本作だけである。
  • 長二尺五寸八分四厘(磨上)、反り八分九厘。
  • 表裏に丸留の棒樋、中心磨上、表先棟寄りに「筑州住 左」の銘。目釘孔5つ。

由来  

  • もとは北条氏政の家臣板部岡江雪(江雪斎)の愛刀であったため名付けられた。

来歴  

板部岡江雪  

  • 元は板部岡江雪の所持。
  • 江雪は、天正17年(1589年)7月に上京し、真田家の上州沼田城を北条氏にくださるならば、翌年北条氏政を上洛させるという約束を取り付け、秀吉はこれを了承する。
  • しかし天正17年(1589年)11月、沼田城を受け取った北条家臣猪俣範直が、真田領とされた名胡桃城まで奪取してしまう。
  • これに激怒した秀吉は、同年12月13日に朱印状を発布し北条討伐(小田原征伐)を決行する。
  • 江雪を捕らえ約束違反を尋問したところ、「北条氏が約束を違えたのではなく、家臣の猪俣が勝手な振る舞いをしたもの。たとえ約束違反だとしても、主家がそれを敢えてしたものならば家臣はそれに従うのが筋である。今さら何を申開きしても詮無きことであり、すみやかに首を刎ねられよ」と動じるところがなかったため、秀吉は江雪斎の才能を気に入り、罪を赦し、自ら茶を点てて与えたという。のち豊臣秀吉の御伽衆となる。
  • 秀吉の死後、江雪は長男房恒が仕えていた徳川家康に接近し、関ヶ原の戦いでも家康に随従した。慶長14年(1609年)6月3日に伏見で死去。

徳川家から紀州家  

  • この太刀は、のちに家康の指料となり徳川頼宣へ与えられ、頼宣は、大坂の役でこの江雪左文字を帯びて出陣している。
  • 以来紀州徳川家に伝来。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会でも紀州徳川家の第16代当主の徳川頼貞侯爵所持。
  • 昭和8年(1933年)1月23日に旧国宝指定。

    昭和八年文部省告示第十五号
    太刀 銘筑州住左

長尾よね  

  • 昭和9年(1934年)2月に行われた紀州徳川家の入札で、「名物 江雪左文字刀」は24300圓で落札された。それを、わかもと製薬の長尾よねが3万圓で購入し長尾美術館(扇湖山荘)所蔵となる。
  • 昭和26年(1951年)6月9日に新国宝指定、長尾美術館所蔵。

    文化財保護委員会告示第一号
    太刀 銘筑州住左(江雪左文字)附打刀拵 一口
    財団法人長尾美術館

  • 日本刀装具美術館に所蔵されていたが、平成13年(2001年)6月親会社倒産を受け運営休止になり、現在は株式会社小松安弘興産所蔵(ふくやま美術館寄託)