毛利藤四郎

毛利藤四郎(もうりとうしろう)  

短刀
銘 吉光
名物 毛利藤四郎
8寸8分5厘(刃長26.5cm)、内反り
東京国立博物館所蔵

  • 享保名物帳所載

    毛利藤四郎 在銘長八寸七分半 無代 松平大炊頭殿
    毛利輝元の所持表護摩箸裏樋并極有之

  • 名物帳の版によっては、毛利家重代とも書かれる。さらに長さが八寸六分、八寸三分、あるいは七寸四分半と書かれているものもある。
  • 平造り、真の棟、差表に護摩箸、裏に腰樋と添樋を掻き流す。鋩子は表小丸、裏尖りごころとなり掃きかけて返る。
  • 中心うぶ、栗尻。目釘孔2個。細鏨で吉光の二字銘。
  • 鎺は金無垢で「吉光うめたた寿斎」と在銘。

由来  

  • もとは毛利輝元の愛刀であったことからこの名で呼ばれる。

来歴  

  • 永禄6年(1563年)9月毛利隆元が頓死し、家督は11歳の輝元(元就孫)に移った。
  • 毛利元就は次男である小早川隆景に輝元の補佐をするよう命じ、毛利重代の吉光の短刀(当時は脇指と表記)を贈っている。これが毛利藤四郎かどうかは不明
    毛利家に関する吉光の短刀には「厚藤四郎」や「清水藤四郎」もあるが、「厚藤四郎」は文禄元年(1592年)に秀吉から毛利秀元が拝領し、のち寛文4年(1664年)に秀元孫の毛利綱元が将軍家綱へ献上している。「清水藤四郎」は文禄3年に秀吉に献上。
  • 本刀「毛利藤四郎」は、毛利輝元から家康に献上され、その後関ヶ原の時に池田輝政(池田光政とも)が拝領。
    毛利輝元は寛永2年(1625年)没、池田輝政は慶長18年(1613年)没。
  • 享保名物帳に記載される「松平大炊頭殿」とは、岡山藩3代藩主池田継政のこと。
  • 元禄5年(1692年)6月10日、本阿弥光常が輝政曾孫の池田綱政邸でこれを拝見している。
  • 明治24年(1891年)11月16日、明治天皇が侯爵池田家に行幸された際に、侯爵池田章政より名物浮田志津」とともに献上された。
  • 戦後国有となり、現在は東京国立博物館所蔵。

タグ