武蔵正宗

武蔵正宗(むさしまさむね)  


無銘 伝正宗
二尺四寸四分
重要美術品

  • 享保名物帳所載

    武蔵正宗 磨上長二尺四寸四分半 代五千貫 御物
    光瑳名物帳に紀伊中納言殿御道具の内に有ノ亜相公未だ黄門の御時也、異名の子細は吟味有之候へ共聢(しか)と不相分、前宮本武蔵所持故と察申候、光察は家康公より進ぜられ候共申候也、又光澄は紀州大納言殿江戸にて召上られ候故武蔵と申候との事也、中切先恰好直なり。

  • 反りは四分二厘(1.3cm)で、真の宗、大切先、表裏に棒樋をかきとおし、樋先下がる。
  • 鎺元近くに切り込み1箇所、中心は八寸四分五厘磨上。目釘孔2個。
Table of Contents

由来  

  • 諸説ある。将軍家の御腰物台帳では宮本武蔵所持とする。
    1. 宮本武蔵所持にちなむ
    2. 紀伊家中から出たが、武蔵江戸にて紀伊徳川家に召し上げられたため

来歴  

宮本武蔵  

  • 伝承によれば、天正~正保ごろに宮本武蔵所持という。

将軍家→紀伊徳川家  

  • 秀忠が紀州頼宣に与えた。
  • 頼宣の子、光貞に伝わる。

将軍家  

  • 貞享2年(1685年)3月6日、光貞の子綱教が将軍綱吉の長女鶴姫と結婚したのに際して、将軍家に献上。
  • 紀州家にあるときに金百五十枚の折紙
  • 将軍家に入り五千貫に値上がる。
  • 享保2年(1717年)の「継平押形」に「武蔵押形」とするものが載るが中心が短く、目釘孔も1個で樋先や鋩子の形も現存刀と同一視されない。

山岡鉄舟→岩倉具視  

  • のち幕末に江戸城の無血開城が行われた際に岩倉具視へと渡ったという。
  • 慶応4年(1868年)、山岡鉄舟が将軍慶喜の命を受けて3月9日に静岡に赴き、征東軍の本営に西郷隆盛を訪ね、後の薩摩藩江戸藩邸における3月13日~14日に行われた西郷勝会談に向けた周旋を行った功により慶喜から拝領したという。
    1. 川田剛の「正宗鍛刀記」(明治十六年起源説後之日)によると、徳川家達が鉄舟に贈り、鉄舟はそれをさらに岩倉具視に贈ったという。
      国立国会図書館デジタルコレクション - 新編漢文読本参考書. 第4巻
      http://www.tesshu.info/tantoki.html
    2. 江戸開城の10年後に慶喜が鉄舟を介して岩倉に贈ったともいう。明治15年(1882年)、11月20日付の岩倉から香川敬三宛の書簡に次のように書かれているという。

      (前略)又同人(山岡鉄舟)云ク、徳川家ノ事ニ付而者種々御配慮被下候間、為御礼正宗之刀一振進呈仕度趣申居候、右ハ寸志ヲ表候まてのものニ付、御請被遣下候、是も雖有トノ事申居候、右夫々本人より可申上候間、宣敷奉願候

      岩倉は同年10月19日にイギリス留学から戻ったばかりであり、武蔵正宗の贈与は10月19日~11月20日の間に行われたとする。(CiNii 論文 -  山岡鉄舟の功績を称えた「正宗鍛刀記」の考証 アンシン・アナートリー)
      ただし「正宗之刀一振」と書かれているだけで特定は難しい。
  • いずれにしろ、徳川家より岩倉具視に伝わったということになる。

岩倉家  

  • 岩倉具視の孫にあたる公爵岩倉具張は、北海道の土地投機に失敗して300万円(現在の貨幣価値で数百億円)もの損害を受けて多額の負債を背負うことになり、大正3年(1914年)親族会議の結果、長男の岩倉具栄が家督および爵位を継承している。
  • 本刀は同大正3年(1914年)岩倉家の売立に出されるが、1190円の札しか入らず、引取り親族が3500円で引き受けている。
  • 昭和12年(1937年)8月28日に重要美術品指定。このときも岩倉具栄公爵名義。

    刀 無銘(名物武蔵正宗) 一口 公爵岩倉具栄
    (昭和12年文部省告示第三〇六號)

    岩倉具栄の父方の曾祖父は岩倉具視、母方の祖父は西郷従道。

            【播磨明石藩】
          松平直韶──松平慶憲─┬松平直致
                     └松平直徳──松平直頴 ┌松平尚次郎
                             ├───┴松平脩次郎
岩倉誠子  ┌増子(岩倉具綱夫人)          ┌岩倉初子
  ├───┴静子(久世通章夫人、吉田良義夫人)   ├岩倉具栄(英文学者)
  │                        ├岩倉具実(言語学者)
岩倉具視───具義、道倶  西郷従道──桜子     ├岩倉具方(洋画家)
  │                  ├─────┴岩倉靖子(赤化華族事件で逮捕後自殺)
  ├─────┬─岩倉具定       │
岩倉槇子    │   ├─────┬岩倉具張
    澤為量─│──久子     ├周子(東伏見宮依仁親王妃)
        │         ├豊子(侯爵西郷従徳妻)
        │         └岩倉具顕───┬岩倉具憲
        ├─岩倉具経(男爵)        └岩倉具子(小桜葉子)
 【東本願寺】 │  ├──┬岩倉具明(子爵)      ├──池端直亮(加山雄三)
   大谷光勝─│─梭子  ├八千代(中島久万吉妻) 池端清亮(上原謙)
        │     └鮫島具重
        ├─極子(戸田氏共夫人)
        └─寛子(有馬頼万夫人、森有礼夫人)

藤沢乙安  

  • 昭和40年頃には株式会社ぎょうせいの中興の祖、藤沢乙安氏蔵となっている。
    この間のことは不詳だが、「明石国行」についても同様の経路で子爵松平直頴から藤沢乙安氏蔵となっている。本刀「武蔵正宗」も、岩倉具栄から松平直頴を経て藤沢乙安氏蔵となった可能性があるのではないかと思われる。
  • 藤沢乙安氏の死後、日本美術刀剣保存協会に寄贈されている。
  • その後は不明。