歌仙兼定

歌仙兼定(かせんかねさだ)  


銘 濃州関住兼定
一尺九寸九分五厘
財団法人永青文庫所蔵

  • 日本名宝展覧会出展

    関鍛冶の代表と謂わるる二代兼定の鎬造り、身長二尺餘、山田浅右衛門が試斬りをして最上大業物なりと折紙をつけて居る、三斎細川忠興の指料で、三十六人斬ったからとて一名歌仙斬りとも云ひ茶人だけに拵付面白く、頭は四分平山道、綠は革着せ青漆塗、目貫金鉈豆、柄は黒塗鮫茶革巻、鐔は鉄丸形左右影蝶透し、鞘は腰下刻み鮫着せ黒塗研出しで、これが歌仙拵えと呼ばれて名高い。

由来  

  • 肥後八代に引退していた三斎(細川忠興)は、当主忠利を取り巻く近臣達の輔佐ぶりが悪いとして、彼らを八代城に次々と呼び寄せ、この刀で首を刎ねたという。
  • 殺害した家臣が36人であったため、三斎は三十六歌仙にちなみ「歌仙兼定」と呼んだという。
    異説では殺した人数は6人であり、六歌仙にちなんだともいう。またこの逸話の主は、忠興ではなく初代藤孝(細川幽斎)であるともいう。

来歴  

  • 肥後熊本藩3代藩主細川綱利のとき、家老柏原要人定常が拝領する。
    細川綱利は、父である2代藩主光尚が慶安2年(1649年)が急死し、慶安3年(1650年)4月に6歳ながら家督を相続し、正徳2年(1712年)に隠居し家督を譲っている。この間に譲られたことになる。

    歌仙兼定を拝領したという「柏原要人」については資料が少ない。細川家資料では、貞享元年(1684年)、貞享3年(1686年)、元禄4年(1691年)、元禄14年(1701年、柏原要人定道を家老に)、正徳元年(1712年、家老要人)、正徳2年(1713年、家老要人定道没)などに登場するが、柏原要人定常ではなく定道である。
     これより前となると「柏原新左衛門定治」なる人物が、延宝4年(1676年)~延宝8年(1680年)に旅家老、元禄6年(1693年)~元禄10年(1697年)まで中老職についているが、名乗りも諱も異なっている。
     ※ただし侍帳によれば、新左衛門が初代であり、二代目の柏原要人が定常を名乗ったともいう。柏原要人定道が定常であるとすると時代はぴったりあう。この後幕末まで、柏原家の人物が藩要職に付くことはなかったようだ。
  • 明治30年ごろまで柏原家に伝来した。
  • 柏原家を出たあと転々としていたが、昭和の初め頃に16代当主細川護立により買い戻された。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会では細川護立侯爵所持。

    関鍛冶の代表と謂はる、二代兼定の鎬造り、身長二尺餘、山田浅右衛門が試斬りをして最上大業物なりと折紙をつけて居る。

歌仙拵  

  • なお細川三斎が考案したとされる拵え(刀の外装)の方も「歌仙拵」として有名であり、こちらも「黒塗研出鮫腰刻鞘打刀拵(歌仙拵)」として展示されている。

関連項目