横須賀郷

横須賀郷(よこすかごう)  


無銘(名物 横須賀江)
全長92.4cm 刃長75cm 反り2.1cm
重要美術品
白河市郭内(白河集古苑保管)

  • 享保名物帳にも、「横須賀郷(磨上)二尺四寸七分 三百枚(七千貫)阿部豊後守」として載っている名物で、当時の価値基準である代附(だいづけ)は記載されている義弘11口中の最高値(無代を除く)である。

    横須賀江 無銘長二尺四寸七分 代七千貫 阿波豊後守殿
    横須賀と申処より出つ、義弘の申伝へにて光常の代に来り(海府にて)十枚の代付也、元禄十四年に又来り光受砥き右の通り究る

    「海府にて」は詳註刀剣名物帳では省かれる。当初は海府=阿波の刀工による作と極められ10枚の代付けであったが、のち元禄14年(1701年)に郷義弘に極められたという。

  • 表裏に棒樋をかき、樋先下がり、下は中心尻近くで掻き流しになる。中心大磨上、目釘孔3個。無銘

由来  

  • 遠江国松淵郷横須賀(現静岡県小笠原郡大須賀町)で発見されたためこの名がある。

来歴  

  • 元は遠江国横須賀城主大須賀康高の所持。
  • 天正14年(1586年)、父阿部正勝と親交のあった遠江国横須賀城主大須賀康高の申し出により、大須賀康高の娘婿となり横須賀城に入城する。
  • その経緯で、徳川譜代白河藩阿部家の初代豊後守阿部忠吉が入手したと思われる。
    ただし天正17年(1589年)の康高の死後、家督を継いだのは榊原康政に嫁いだ娘が産んだ大須賀忠政(榊原康政次男)で、上総久留里藩主を経て遠江横須賀藩の初代藩主となっている。

    阿部忠吉と大須賀康高の娘の間に生まれた子が、江戸幕府初期の名臣として名高い老中阿部忠秋。阿部忠秋は、後世明治期の竹越與三郎から「(同時期に老中を務めた酒井忠勝・松平信綱などは)みな政治家の器にあらず、政治家の風あるは、独り忠秋のみありき」と高く評価されている。
  • 本阿弥光常が阿波の海部物と鑑定しなおし、十枚の折紙をつけた。
  • 元禄10年(1701年)本阿弥光受が研ぎ直すともとの郷義弘極めに戻り、一躍七千貫、三百五十枚の折紙をつけた。
  • 昭和9年(1934年)12月20日に重要美術品認定。阿部正友子爵所持
  • 現在は白河市教育委員会が管理。
    白河集古苑は結城家古文書館と阿部家名品館からなり、白河結城家と白河藩阿部家に伝来した武具・美術工芸品を収蔵・展示している。