桝屋江

桝屋江(ますやごう)  


名物 桝屋江
2尺1寸1分

  • 「増屋江」とも
  • 郷義弘の作
  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    桝屋江 磨上長二尺一寸一分 代金二百枚 御物
    京都小川通り升屋了二と申者所持、大坂落城の時「むくろ」の下に在り、秀忠公へ上る

由来  

  • 京都小川通に住む升屋了二というものが所持していたためという。
    ※升屋平右衛門(山片家)のことか。

来歴  

  • その後宇喜多秀家を通じて秀吉に献上される。
  • 埋忠明寿・寿斎が磨上させ、金具も寿斎が作っている。
    磨上た長さに異説があり、二尺一寸一分、または二尺一寸一分五厘。
  • 大坂落城の際にむくろ(死体)の下より見つけ出されたという。
  • 駿府御分物帳」の中之御腰物に「大坂物之内」と記載、その後享保名物帳では焼失の部に記載されている。
  • 初め百五十枚の極めだったが、二百枚に上る。
  • 寛永ごろ、前田利常に与えている。
  • 寛永10年(1633年)ごろ、本阿弥の一族松田忠右衛門に研ぎに出している。
  • 前田利常の嗣子、前田光高本阿弥光由に象嵌を入れさせている。光由が本家の本阿弥光温のもとへ持って行き、差表に「江」、裏に「本阿(花押)」と金象嵌を入れてもらっている。象嵌は埋忠明甫。
  • 寛永18年8月、将軍家世継竹千代(徳川家綱)の七夜祝いで前田家から献上されている。

    松平筑前守光高(前田光高)、大(刀)義弘増屋郷、小(脇差)来国次


  • ただしこの焼けたのは真の桝屋江ではないとされる。
  • 光徳刀絵図や享保名物帳では刃長二尺一寸一分、享保名物帳享保本では二尺一寸一分五厘、松田忠右衛門押形では二尺一寸となっているが、これより後の埋忠銘鑑では、二尺三寸と長くなってしまっている。
  • これは大坂落城の際にはまだ金象嵌はなく、死体の下から取り出した刀がたまたま桝屋江に似ていたために混同してしまったものだとされる。