柏太刀

柏太刀(かしわだち)  

大太刀
無銘 号柏太刀
日光二荒山神社所蔵
重要文化財

 

  • 佩表に長銘が記されている。

    日光山奉納新宮御宝前□□□小田平塚入道

  • この「平塚入道」については諸説あり判然としない。
    1. 親鸞六老僧のひとり了源:
    2. 常陸真壁の海老ヶ島城主の平塚山城守入道自省:


了源  

  • 鎌倉時代の浄土真宗の僧で、親鸞の六老僧のひとり。
  • 了源は、はじめ平塚入道法求と称したという。
  • この了源も出自が明らかではない。後述。

平塚自省  

  • 戦国末期、常陸の海老ヶ島城主。
  • 平塚山城守入道自省
  • 永禄7年(1564年)に常陸真壁郡山王堂で行われた野戦「山王堂の戦い」で登場する人物。
  • この頃、常陸では小田城の小田氏治と、太田城の佐竹義昭の対立が激化していた。
  • 当初両者ともに上杉氏についていたが、北条氏康の誘いにより小田氏が北条方に通じると、佐竹は上杉謙信(当時は上杉輝虎)に援軍を要請する。
  • 永禄7年(1564年)4月、謙信は常陸国山王堂に着陣。地元の民に、この辺りで名の知れた武将を訪ねている。その時、海老ヶ島の平塚入道自省と小田四天王の菅谷・飯塚・赤松・手塚の名が挙がったという。
  • その後山王堂で野戦が行われ、小田方は上杉軍の勢いに押され小田城に篭ったが、駆けつけた佐竹軍も加わると小田城は落城した。平塚入道自省はこの戦いで討ち取られたという。


了源(りょうげん)  

  • 鎌倉時代の浄土真宗の僧。号は空性。
  • 親鸞の六老僧のひとり。
  • 永仁3年(1295年)5月1日生まれ、建武2年(1336年)12月8日没。
  • 興正寺4世了海の子というが諸説ある。
    1. 武士(家人の中間とも)の金森弥三郎が出家した。
    2. はじめ平塚入道法求と称し、相州大掾の高麗三社権現の別当であったという。
    3. 一説に、曽我十郎祐成の子祐若(すけわか)は、源実朝より平塚の荘を拝領し、河津三郎信之と名乗る。のち出家し、法名を平塚入道法求禅門と名乗ったという。のち了源と改めたという。


  • 了源は焼失した興正寺を継いで7世となり再興する。後醍醐天皇より寺号を授かり「仏光寺」(真宗佛光寺派総本山)と改めた。
    興正寺(興隆正法寺)は建暦二年(1212年)親鸞の開基。あるいは正中元年に山科に堂宇を建立したのが始まりともいう。
  • その後伊賀国の山中で布教中に殺されたという。
  • 長男の源鸞が8世を継ぐが、その死後了源の妻である了明尼(りょうみょうに)が9世を継いだ。教団の拡大文和元年(1352年)には延暦寺大衆が祇園社に仏光寺の破却を命じるという事件が起きている。