松浦安吉

松浦安吉(まつうらやすよし)  


在銘
松浦安吉

由来  

  • 松浦肥前守所持にちなむという。
    • 「松浦肥前守」は複数該当するが、年代から松浦隆信かその子松浦鎮信(平戸藩初代藩主)であると思われる。

来歴  

  • 慶安2年(1649年)、松浦家から本阿弥家に鑑定に出され、金六十枚の折紙を出している。
  • のち松浦家から前田利常が購入する。本阿弥家に出すと枚数が百二十枚に上る。
  • 享保まで前田に伝わる。
  • 本阿弥長根が文化9年(1812年)3月にお手入れしている。
  • その後、行方不明。