松浦信国

松浦信国(まつうらのぶくに)  

太刀
銘 源左衛門尉信国 応永廿一年二月日
名物 松浦信国
1尺9寸分半(57.6cm)、反り5分(1.5cm)
徳川美術館所蔵

松浦信国 長二尺一寸九分 尾張殿 是ヲ上リ龍共云
上り竜信国 在銘長一尺九寸 尾張殿

ただし、これでは小太刀太刀が入れ替わってしまっており、入れ子に書かれてしまっていると指摘されている。

  • 現存する松浦信国(小太刀、応永二十一年銘)が在銘であるため、正しくは

    松浦信国 在銘長一寸九分 尾張殿
    上り竜信国 長二尺一尺九寸 尾張殿

  • 目釘孔二個

松浦信国  

  • 鞘書き

    松浦 源左衛門尉信国御脇指 銘有 長壱尺九寸分半

  • 本造り、佩表に宝寿の下に昇り竜、下に降り竜。裏に櫃のなかに剣巻き竜を浮き彫り。
  • 鋩子は佩表が小丸、裏が尖り、返りは深い。
  • 中心は少し磨上、目釘孔3個、銘は佩表に「源左衛門尉信国」、裏に「応永廿一年二月日」と切る。

由来  

  • 肥前平戸城主、松浦鎮信(式部卿法印、慶長19年没)の所持にちなむ。

来歴  

  • 秀吉の愛刀のひとつで三之箱に秘蔵した。
  • 太閤御物刀絵図」には次のように記されている。

    信国刀 長岡与一郎上 長さ一尺九寸
    銘 源左衛門尉信国/応永二十一年二月日
    慶長十六年四月三日 右兵衛殿へ被進候

    羽柴与一郎より上 長サ壱尺九寸

    長岡与一郎とは細川忠興(三斎)のこと。忠興より献上されたものであった。右兵衛殿とは徳川右兵衛督義直(尾張義直)のこと。

  • 慶長16年(1611年)3月28日、徳川家康は二条城で豊臣秀頼と対面した。その後、4月2日に家康の名代として大坂城へ秀頼を送り届けた際、秀頼から使者である尾張義直へ贈られたものだという。

    四月二日尾張宰相義直卿。遠江宰相賴宣卿を大坂につかはされ。右府上洛せられ御對面有しを謝せられ。御太刀一振。馬一疋。銀千枚。淀殿へ銀二百枚。綿三百把。北方へ銀百枚。綿二百把。紅花三百斤をくらせたまふ。
    義直卿より右府へ國宗の太刀。賴宣卿より友成太刀。共に銀二百枚そへて進らせらる。淀殿幷に北方へ。兩宰相より銀百枚。綿二百把。紅花三百斤づゝ進らせらる。
    右府より義直卿へ高木貞宗太刀吉光の刀。緞子百卷。小袖。道服幷に小鼓の筒。賴宣卿へ二字國俊の太刀。松浦信國の刀。小鼓の筒。申樂の裝束(半臂三。狩衣三。半切三。大口 三。)をくられ。
    供奉せし竹腰山城守正信へ信國の刀。成瀨隼人正正成左文字の刀。安藤帶刀直次に助眞の刀。水野對馬守重仲へ一文字の刀。三浦長門守爲春に長光の刀をたまひ。饗有て兩卿伏見へかへりたまふ。

    • なぜか徳川実記では、尾張徳川家義直に「高木貞宗太刀吉光の刀」、紀伊徳川家賴宣に「二字國俊の太刀。松浦信國の刀」と入れ違いになっている。
  • のち尾張徳川家に伝来。
  • 尾張義直の「御腰物御脇指帳」には次のように記載されている。

    一 松浦信国 代金三十枚之由 秀頼より


上り竜信国(のぼりりゅうのぶくに)  

太刀
信国
名物 上り竜信国
二尺一寸九分

  • 上り龍、のぼりれう
  • 親子藤四郎と同様に、太刀(上り竜)と小太刀(松浦信国)の大小一揃いで扱われており、享保名物帳でも松浦信国に対して「上り龍とも云」と書いている。