松井江

松井江(まついごう)  


朱銘 義弘 本阿(花押)
名物 松井江
2尺2寸9分(69.4cm)、反り5分3厘(1.6cm)
重要文化財
佐野美術館所蔵

  • 郷義弘
  • 享保名物帳所載

    松井江 朱銘長二尺二寸九分半 代金二百枚 紀伊殿
    細川殿内松井佐渡所持御城に有之鶴姫君様御入輿の刻常陸介殿拝領古忠(なかご)一寸程残り朱銘出来もの

  • 鋩子小丸、中心大磨上、目釘孔1個。中心に古中心残る。

由来  

  • 肥前熊本藩主細川家の家老、松井興長(松井佐渡)所持により「松井江」とよばれる。

来歴  

  • 松井氏から将軍家に入った経緯は不明。八代城主として入城しているため、代替わりの際には江戸城において将軍より朱印状をもらっている。このため初代興長が八代城を与えられた際に献上したものと思われる。
  • のち貞享二年(1685年)、将軍綱吉の息女鶴姫が紀州徳川家徳川綱教(紀州藩3代藩主)に輿入れする際に、引き出物として贈られた。この時に本阿弥光常に鑑定させ二百枚の折紙が付く。
  • 同年3月6日、登城した綱教に婿引出としてこの松井江と朱印正宗の脇差を添えて下賜した。綱教は綱吉の娘婿として将軍家世継ぎと目されていたが、綱吉より早く宝永2年(1705年)5月に亡くなっている。このため、綱吉はやむなく甥の綱豊(徳川家宣)を後嗣にしたともいう。
  • 以後紀州徳川家に伝来。
  • 昭和8年11月に行われた紀州徳川家の第二回入札において、「名物 松井郷義弘刀」は2390圓で落札されている。
  • 昭和10年12月18日重要美術品指定。伊藤平左衛門所持。
  • 戦後に重要文化財指定を受け、現在は佐野美術館所蔵。




松井興長  

  • 松井佐渡守興長は、細川氏の家臣松井康之の二男。
  • 正室は細川忠興の娘・古保(こほ)。
  • 式部少輔・佐渡守。熊本藩筆頭家老
  • 関ヶ原戦後細川氏が豊前豊後39万石の大名となった際、父康之は豊後国木付(杵築)城を任せられて2万5千石という大名格の領地が与えられた。
  • 寛永9年(1632年)に細川氏が肥後熊本藩に国替になると、興長には玉名・合志郡の内に3万石が与えられた。
  • 正保2年(1645年)、熊本八代城にて隠居していた細川忠興(三斎)が死去すると、正保3年(1646年)から興長が八代城を預かることになった。
  • 八代城は一国一城令の例外とされて存続し、代々松井家が八代城主を務めた。
  • また、忠興の六男(松井寄之)を養嗣子に迎え、細川別姓である長岡姓を賜り、長岡佐渡守と称した。
  • 松井氏は代々熊本藩筆頭家老を努め、明治維新まで続いた。現在八代にある松井家には、興長の差料として「松井江」の朱鞘が残されている。