来国次(刀工)

来国次(らいくにつぐ)  

鎌倉後期の刀工
国俊の女婿
のち正宗の門に入り正宗十哲の一人

概要  

  • 国俊("来国俊"の三字銘)の娘婿。国光の従兄弟とも。
  • 通称は兵衛尉、三右衛門
  • 古刀最上作
  • 初め来国俊に師事。のち鎌倉に移住し、相州正宗の門に転じたため「鎌倉来」と呼ばれる。正宗十哲の一人。
  • 紀年銘は嘉暦~正慶

著名刀  

鳥飼来国次
秀次所蔵。享保名物
源来国次
来源国次九寸七分。享保名物
三位国次
銘「来国次/三位」、三位とは依頼者の位階だといわれる。家康の差料という。将軍家御物で、小之一之箱に納められていた。
青木来国次
青木国次。九寸四分半
三斎来国次
享保名物帳焼失の部。奈良から出たものを細川忠興(三斎)が求め、家康に献上した。無銘、光徳極め。九寸五厘(27.4cm)。江戸城刀剣台帳第七番。尤一の箱に入れていたが明暦で焼ける。
増田来国次
太閤形見分「増田右衛門尉(長盛) 国次 金子五十枚」
戸川来国次
長九寸七分、前田家から将軍家に献上。
豊後来国次
長八寸九分、秀吉、大友氏、家康、前田、本多正純
盲腸来国次
もと一尺以上で、脇指となり値段が安くなるため、中心の鎺の下二寸ほどを切除して継いだもの。「来国次」在銘。
淀君の刀
昭和13年11月に某家の売立にでたもの。刃長八寸五分。表裏に刀樋と添え樋。鋩子小丸。中心うぶ、「来国次」の三字銘。宝永5年(1708年)本阿弥光忠折紙つき。1760円で落札された。
短刀
国宝。銘「来国次」。長一尺八分二厘、反り三厘。紀州徳川家伝来、光山押形所載。
太刀
銘「来国次/丹波守吉道ノ摺上銘アリ」昭和11年9月12日重要美術品指定、崎山好春所持。
短刀
銘「来国次」刃長九寸九分五厘、反り五厘。佩表に二本樋、裏に棒樋。加賀前田家伝来。鞘書き「来国次 長九寸九分半 文化九年 於御国研上本阿弥喜三二」。重要美術品

来国次(二代)  

  • 国次の子国秀は、父の死後国次を襲名する。
  • 正慶ころ「来源国次」が二代であるとされるが異説もある。