村雲江

村雲郷(むらくもごう)  


無銘 伝義弘(名物 村雲江)
2尺2寸5分(68.2cm)
重要文化財
個人所蔵

  • 郷義弘の作。「村雲郷」
  • 享保名物帳、追加の部所載の村雲江。

    村雲郷 磨上長二尺二寸二分 代金三百枚 松平美濃守殿

    • 長さ諸説あり。
  • 行の棟、表裏棒樋をかき流す、鋩子は一枚風。中心大磨上無銘、目釘孔4個。

由来  

  • 村雲とは刀身の「沸(にえ)」の出来のことで、この刀を見た秀吉が、まるで湧き出る雲(群雲)のごとく見えると言ったことから、そう名づけたといわれている。

来歴  

秀吉  

  • 秀吉の所持。
    本阿弥光徳が江州から掘り出してきて秀吉に見せたところ叢雲のような刃紋だといったので刀号としたという。

前田家  

  • のち前田家へ伝わる。

将軍家  

  • 5代将軍綱吉の時に徳川将軍家に伝わる。
  • 徳川実記の元禄15年(1702)4月26日に、将軍徳川綱吉が加賀前田綱紀の江戸屋敷に御成になり、その折に綱吉へ郷の刀(村雲江)と新藤五国光会津新藤五)の指添えを献上したと伝わる。

    廿六日加賀守綱紀がもとに始てならせ給ふにより。綱紀つとめて御迎にまうのぼり。(略)御さかづきのとき郷の刀。新藤五國光のさしぞへ。

柳沢家  

  • のち綱吉の側用人柳沢吉保家に伝わる。
  • 享保名物帳編纂時は柳沢家(松平美濃守)。

窪田平兵衛  

  • 明治4年7月に売立にだしたという。十把一絡げで出品したものを越後新発田の旧藩士窪田平兵衛が手に入れ、その内の1本を本阿弥家に鑑定に出した。本阿弥家で留帳を調べたところ、「村雲江」だと判明したという。

伊藤悌治  

  • 明治20年頃、大審院評定官の伊藤悌治に250円で売っている。

高木復→内田良平→瀬戸保太郎  

  • のち伊藤悌治の遺族がこれを処分し、高木復、内田良平を経て瀬戸保太郎所持となる。
    内田良平は、旧福岡藩士で武芸の達人として知られた内田良五郎の三男として生まれる。頭山満の玄洋社の三傑といわれた叔父の平岡浩太郎(玄洋社初代社長)に従い上京して講道館に入る。黒龍会主幹、大日本生産党を結成し総裁。昭和7年(1932年)の血盟団事件、昭和8年(1933年)の神兵隊事件などの黒幕とされる。

    瀬戸保太郎は関西の広告王と称された人物。
  • 昭和9年(1934年)12月20日に重要美術品指定。瀬戸保太郎氏所持

    刀 無銘(傳名物村雲江) 兵庫県 瀬戸保太郎
    (昭和9年文部省告示第三〇五號)

中島喜代一