朝日丸

Table of Contents

朝日丸(あさひまる)  

由来  

  • 西行法師が出家前の北面の武士であった頃、上皇より拝領した御剣。
  • 西行物語によれば、大治2年(1127年)、鳥羽上皇の御所で開かれた歌会に招かれ、勅命により歌十首を詠んだ褒美として「朝日丸」という天子の御剣を赤地錦の袋に入れて下賜されたという。

    大治二年十月十日頃、鳥羽殿に御幸ならせ給ひて、始めたる御所の御障子の繪ども叡覽あるに、まことに、優なる御氣色にて、其頃の歌讀だち經信、匡房、基俊、ならびに憲淸などを召されて、此繪どもを題にして、おのおの一首の詠を奉るべきよし、仰せ下されけるに、面々にいとなみ讀まれける(略)かやうに十首奏し申しければ、叡感に堪へさせましましけり。その時の手かき定信、時信を召されてかゝせらる。又憲淸を召されて、頭の辨を以て、朝日丸といふ御劔を、錦の袋に入て給ふ。其外女院の御方に召されて、中納言の局のうけ給はりて、御はしたもの乙女の前をもて、かさね十五の御衣を給はりて、肩にかけて罷かりければ、見るもの上下目を驚かし、うらやまずといふ事なし。

    • 憲淸は、当時北面の武士であった左兵衛尉佐藤義清(西行法師のこと)。
      ただし保安4年(1123年)に退位した鳥羽上皇の院政は、祖父白河法皇が崩御する大治4年(1129年)からであ。また登場する源経信は永長2年(1097年)、大江匡房は天永2年(1111年)にそれぞれ没しており、事実関係がおかしい。


朝日丸(あさひまる)  

  • 歌舞伎「昔語黄鳥墳(むかしがたりうぐいすづか)」に登場する名剣。

    某が家重代の朝日丸は三條の小鍛冶宗近が鍛へたる名剣にして、鯉口を放す時は忽ち闇夜も夜明けの如く数多の鳥啼きわたる。かかる威徳あるを以て、朝日丸と名付けし名剣…

曦丸(あさひまる)  

無銘
金象嵌 曦丸
駿州島田広助作

  • ハバキ上下に「南無妙法蓮華経」。
  • 由来は不詳。

朝日丸  

  • 明治9年の神風連隊士、石原運四郎の差料。「肥後国高正造 朝日丸」と在銘。