服部半蔵

服部半蔵(はっとりはんぞう)  

  • 服部半蔵家の歴代当主は、代々「半蔵」を通称の名乗りとした。
  • また歴代の当主は石見守(いわみのかみ)という百官名も持ち、服部石見守とも称した。
Table of Contents

初代服部半蔵  

  • 服部保長
  • 服部氏の当主。諱は正種ともいう。千賀地保遠の子。

伊賀の三大上忍  

  • 保長は伊賀国の土豪で、北部を領する千賀地氏の一門の長であった。
  • 伊賀の忍者には服部氏族の子孫である「千賀地」「百地」「藤林」の三家があったが、狭い土地において生活が逼迫したため、その中の一家である千賀地家の保長は旧姓である服部に戻して伊賀を出て室町幕府12代将軍・足利義晴に仕える事となる(北面武士就任の説もある)。
  • 当時は室町幕府の衰退期であり、保長は見切りをつけて三河に赴き松平清康に仕える事となる。以上が通説であるが、詳細は不明である。また、松平家も清康の代には大きく伸長したが「森山崩れ」を境に一気に衰退、その間の保長の動向も不明である。
    • 千賀地氏城に関する伝承によると、上記の伝承とは逆に、足利義晴に仕えていた服部保長が伊賀に戻って、千賀地氏を名乗った事になっている。

服部正成(二代目服部半蔵)  

  • 服部保長の子が服部正成で、「鬼半蔵」の異名を取り、徳川十六神将として高名である。
  • 松平氏(徳川氏)の譜代家臣で徳川十六神将、鬼半蔵の異名を取る。実戦では、伊賀甲賀衆を指揮していた。
  • なお、伊賀国予野の千賀地氏を正成の一族とするのは誤りであり、阿拝郡荒木の服部半三正種の子とするのが正しいとする説がある(「今治拾遺」「服部速水正宣家譜」)。
  • また千賀地氏城の伝承においては、上記とは逆に将軍に仕えていた服部保長が伊賀に戻り、千賀地氏を名乗ったとされ、その子である服部正成と徳川家康の接点が無い。
  • 天正7年(1579年)、家康の嫡男信康が織田信長に疑われ遠江国二俣城で自刃に追いやられたとき、検使につかわされ介錯を命ぜられたのが正成であり、この時「三代相恩の主に刃は向けられない」と言って落涙して介錯をすることが出来ず、それを聞いた家康が「鬼と言われた半蔵でも主君を手にかけることはできなかったか」と落涙する逸話が有名である。
  • また天正10年(1582年)6月本能寺の変の際、いわゆる「神君伊賀越え」において正成は、茶屋四郎次郎清延とともに伊賀、甲賀の地元の土豪と交渉し、彼らに警護させて一行を安全に通行させ伊勢から船で三河の岡崎まで護衛している。彼らは後に伊賀同心、甲賀同心として徳川幕府に仕えた。

服部正就(三代目服部半蔵)  

  • 父である正成の死後、伊賀同心200人の支配を引継ぐ。
  • しかし徳川家から指揮権を預けられたに過ぎない伊賀同心を家来扱いしたために配下の同心たちの反発を招き、ついに伊賀同心が寺に篭って正就の解任を要求する騒ぎに至った。このため正就は伊賀同心の支配の役目は解かれた。後、大坂の陣で行方不明になる。

服部正重(四代目服部半蔵)  

  • 2代目正成の次男で、3代目正就の弟。兄の後を継いで服部半蔵を襲名する。舅である大久保長安に巻き込まれて大久保長安事件で失脚。その後各地を転々とした後、松平定綱に召し抱えられて二千石を得る。これにより桑名藩の家老として服部半蔵家は存続する(大服部家)。
  • ちなみに、兄・正就の妻は桑名藩主松平定勝の姉であり、その子・服部正辰(正重の甥)も桑名藩に仕えている。血統から藩主一族の扱いを受け、服部半蔵家以上に優遇されている(小服部家)。