月数

月数(つきかず)  

源義家からの八領の鎧のひとつ
源氏重代相伝の鎧

  • つきすう

由来。  

  • 鎧の、胴・草擦(腹から下を守っている防具)・大袖(肩にある盾)が12段であり、兜も12枚の鉄板からできていた為という。

来歴  

  • 保元の乱では、為義の四男源頼賢が着用したという。
  • 朽葉色の唐綾縅(舶来の綾絹を裂いて麻糸の芯を覆い、その糸で縅したもの)であったという。