昼の御座の御剣

昼の御座の御剣(ひのおましのおんつるぎ)  

日の御座、昼御座剣、昼の御座の御剣

  • 「昼の御座(ひのおまし)の御剣」
  • 「~のぎょけん、~のおんつるぎ、~のみはかし、~のおんたち」
Table of Contents

概要  

  • 「日の御座」「昼御座」とは、天皇が昼に出御される清涼殿の御座のこと。
  • 昼の御座の御剣とは、その清涼殿御座に安置されていた御剣をいう。
  • 清涼殿においては、御座の南側にある机の上に、刃を南に向け、柄は西、鞘は東を向くように設置したという。

文献での昼の御座の御剣  

元亨元年(1321年)

院にも内にも、朝政のひまひまには、御歌合のみしげう聞こえし中に、元亨元年八月十五夜かとよ、常より異に月面白かりしに、上、萩の戸に出でさせ給ひて、異なる御遊びなども有らまほしげなる夜なれど、春日の御榊、うつし殿に御座します頃にて、糸竹の調べは折あしければ、例の只内々御歌合あるべしとて、侍従の中納言為藤召されて、俄に題奉る。殿上に候ふ限り、左右同じ程の歌詠みをえらせ給ふ。左、内の上・春宮の大夫公賢・左衛門督公敏・侍従中納言為藤・中宮権大夫師賢・宰相維継・昭訓門院の春日為世女、右は藤大納言為世・富小路大納言実教・洞院の中納言季雄・公修・宰相実任・少将内侍為佐女・忠定の朝臣・為冬、忠守など言ふ医師も、此の道の好き物なりとて、召し加へらる。衛士のたく火も月の名だてにやとて、安福殿へ渡らせ給ふ。忠定の中将、昼の御座の御佩刀を取りて参る。

歴史  

日月護身剣  

  • 古くは神功皇后の時に百済から献上されたといい、「日月護身剣」と呼ばれた。

昼御座剣  

  • 天徳4年(960年)9月23日皇居炎上により月日護身剣も焼身となる。備前の白根安生に焼き直させるが、焼き直しは天皇の護身剣には不適ということで他の剣に替えられ、この時に「昼御座剣」と呼ばれるようになった。
  • 拵えは、柄頭には竜亀の彫物があり、鍔は鈷金、鞘は梓の中目に紅漆を塗り、乱金を使ったあった。

盗難  

  • 夜の御座に安置していたためにしばしばしば盗難にあっている。
    • 丞暦4年(1080年)閏8月25日
    • 天承元年(1131年)2月22日
    • 久寿3年(1156年)3月14日 …武者所久実が犯人を捕えている
    • 元暦2年(1185年)6月27日

 

  • 承安2年(1171年)4月12日
  • 治承5年(1181年)閏2月30日
    • 両度にわたって犬が御剣の緒を噛み切った。

平家による略奪  

  • 寿永2年(1183年)7月、平家が安徳帝を奉じて都落ちする際には、昼御座剣は置き忘れていった。
    なおこの時「吠丸」と「鵜丸」は法王御所の法住寺から左近衛権中将清経が奪っていった。
  • このため元暦元年(1184年)7月28日の後鳥羽天皇の即位式では、神剣がないまま行われた。また建久元年(1190年)正月3日の元服の儀式でも三種の神器の神剣の代わりとして昼御座剣が用いられた。この時に使用されたのは、関白藤原基通が豊後雪平に作らせたものであったという。
    この間、文治3年(1187年)9月27日には伯景弘、建暦2年(1212年)には検非違使の藤原秀能に命じて宝剣捜索を行わせている。
  • のち2代に続き昼御座剣による代用が続いた。
    • 建久9年(1198)正月11日の土御門天皇の即位の際にも神剣の代用を勤めている。
    • 承元4年(1210年)11月に順徳天皇が即位する際には、寿永2年6月に伊勢神宮から献上されていた剣を神剣とみなすこととした。

盗難  

  • 清涼殿に戻されると、再び盗難にあっている。
    • 寛喜2年(1230年)5月5日に宮中の女官が手引をして御剣を盗ませた。
    • 翌3年(1231年)子供が盗んで持ちだそうとするが未遂に終わっている。
    • 翌4年(1232年)正月23日
    • 暦仁元年(1238年)閏2月18日
  • この頃は、紛失すると伊勢神宮や朝臣の家から献上され補充されてきた。

包平 

  • 弘安元年(1278年)閏10月13日とみられる内裏炎上の際に焼身になったため、粟田口国吉に焼き直させた。
  • 焼き直された御剣は包平作であったという。

夜間の保管  

  • いつごろからか、清涼殿に備え付けにせず天皇が別殿に退出されると、内侍が奉持して別殿に移すことになったため事故は減った。
  • 夜になると、天皇の臥床の右側に刃を南、柄が西に、鞘が東になるように置かれ、帯取りは鞘尻のほうに揃えて伸ばしておいたという。

本阿弥光勢のお手入れ  

  • 寛延3年(1750年)10月、本阿弥光勢は昼御座剣の研ぎに奉仕した賞として伊勢大掾に任じられている。
  • このとき、昼御座剣は豊後行平の在名刀であったという。

明治  

現代  

  • 現在、昼の御座の御剣は備前長船の長光を使用しているとされる。(御物東博 銘刀押形)

享保名物帳