明石国行

明石国行(あかしくにゆき)  

太刀
銘 国行(号 明石国行)
長さ76.5cm、反り3.03cm
国宝
日本美術刀剣保存協会所蔵

  • 国行の作中ではやや細身に属する。地鉄は小板目つみ、やや肌立ち、刃文は広直刃調に丁子を交え、刃中の働きが盛んなものである
  • 鎬造、庵棟、腰反高く踏張あり、鋒猪首。鍛小板目、地沸つく。刃文小乱丁子交り、足葉入り、小沸つく。帽子乱込み、小丸、僅かに掃かけ、彫表裏に棒樋、表掻流し、裏掻通し、表裏樋中腰に三鈷剣の浮彫がある。茎生ぶ、栗尻、鎬目切、目釘孔3個、目釘孔の下、棟寄りに二字銘。
    長崎為基の佩刀「面影」が伝わり「明石国行」になったという説があるが、面影は三尺三寸の大太刀で、また「明石国行」は二尺五寸三分で磨上されていないため異なる。

由来  

  • 越前分家の明石松平家伝来のため「明石国行」の異名を持つ。

来歴  

  • 明石松平家に伝来。
    明石松平家は、結城秀康の6男直良が天和2年(1682年)に6万石で播州明石(兵庫県明石市)に転封されたのに始まる。8代藩主斉宣は11代将軍家斉の26男で、この時8万石に加増。さらに将軍家親族となったため、江戸城中での伺候席も「大廊下-下」へと格上げとなっている。
  • 昭和頃には株式会社ぎょうせいの中興の祖、藤沢乙安氏蔵となっている。
  • 昭和12年5月25日に重要文化財指定(旧国宝)。
  • 昭和15年紀元二千六百年奉祝名宝日本刀展覧会出展。
  • 昭和28年3月31日に国宝指定。
  • 藤沢氏の死後、日本美術刀剣保存協会にコレクションが寄贈された。
  • 現在は公益財団法人日本美術刀剣保存協会所蔵で、渋谷区代々木の「刀剣博物館」で見ることができる。

国宝指定  

文化庁データベースの方では、検索結果2件のうち上の指定番号(登録番号)「00100」が明石国行。
※もう1件の「太刀〈銘国行〉」(69.7cm、昭和29年3月20日国宝指定、指定番号00148)も同じ日本美術刀剣保存協会所蔵だが、こちらは来国行ではなく当麻派(たいま)の祖である国行作で備後福山藩の阿部家伝来。