明暦の大火

明暦の大火(めいれきのたいか)  

明暦3年(1657年)1月18日から1月20日にかけて当時の江戸の大半を焼失するに至った大火災
振袖火事・丸山火事とも呼ばれる。

  • この火災により焼けるなど多数の名刀にも影響があった。
  • 徳川家では三十口ほどいれた刀箱が二十箱あり、そのうち十五箱が焼失した。

焼失刀剣  

  • この火災で失われた将軍家御物は、「明暦三丁酉正月十九日火事ニ致焼失名物御道具之覚」にまとめられている。
  • そのうち、刀剣については「御腰物之覚」で罹災した38口が記載されている。
    このうち、9口が後の享保名物帳未記載であり、享保年間までに名物ではなくなったかまたは失われたと見られている。残り29口が享保名物帳記載刀剣となる。
  • 明暦の大火により消失したとされる名刀に、下記があげられている。※享保名物帳に含まれないものもある。
吉光
骨喰藤四郎無銘藤四郎豊後藤四郎新身藤四郎鎬藤四郎(シノギ)、飯塚藤四郎庖丁藤四郎米沢藤四郎樋口藤四郎、この他三百枚くらいの吉光数多
正宗
三好正宗八幡正宗長銘正宗対馬正宗横雲正宗十河正宗、シノ木正宗伏見正宗 この他正宗の刀数多
郷義弘
西カタ江(西方江)、上杉江上野江、紀州江、蜂屋江三好江
紀新大夫行平
上野紀新大夫、秋田行平しめ丸行平、小脇差行平、この他千貫くらいの行平数多
来国行
不動国行
来国次
青木来国次三斎来国次
粟田口国吉
太子屋国吉岐阜国吉
当麻
村雲当麻

一覧  

名称名物帳備考
骨ハミ吉光骨喰藤四郎
無銘藤四郎尾張家所蔵品とは異なる
豊後藤四郎
鎬藤四郎凌藤四郎
飯塚藤四郎
新身藤四郎江戸新身藤四郎
庖丁藤四郎
米沢藤四郎秀吉から上杉景勝、秀忠
樋口藤四郎
一期一振[大]
三吉正宗三好正宗
八幡正宗
長銘正宗江戸長銘正宗
対馬正宗
横雲正宗
十河正宗
伏見正宗
道合正宗
シノキ正宗宗近正宗シノキ
菖蒲正宗[大]
温海貞宗[大]
大坂切刃貞宗[大]
青木来国次阿閉萬五郎から青木紀伊守、福島正則、秀忠
三斎来国次南都で掘り出し三斎所持、将軍家献上
不動国行
たいしや国吉太子屋国吉
岐阜国吉「岐阜國次」と記載
江雪正宗
村雲当麻
義元左文字
三吉江三好江
西方江
上杉江
上野江
紀州江肥後熊本紀州江(肥後江
蜂屋江「甲府殿」蜂屋出羽守から秀吉、家康。一時甲府綱豊
初雁江[大]
上野紀新大夫行平北野紀新大夫行平
秋田行平秋田城介所持
シメ丸行平注連丸行平
小脇差行平名物帳「本多行平」か
吉光一振ノ陰
国綱ノ法国綱
大国綱[大]
宗近 此作無類
海老名宗近[大]

再刃  


影響  

  • この明暦の大火は、江戸城天守閣を含む江戸の大半(当時の市街地の60%)を焼きつくし、死傷者10万人を超える規模の大火災となり、被害規模は江戸時代を通しての最大のものとなった。
  • 御三家の屋敷を始め、北の丸の大名屋敷、井伊、上杉、伊達、島津、黒田など桜田門近くの大名屋敷(214家の内160家)、旗本屋敷(約810家)、町家(800町余)、神社仏閣300余、橋60余、倉庫9000余が焼けた。
    被害者数は諸説あり。内閣府のページでは6万8千人と推計(「元延実録」の牛島新田に葬った死者6万3400余+漂着した死体4600余)している。
    当時の江戸の人口は、約78万人と推計されており、約1割弱が死亡したことになる。※町民人口は、寛永11年(1634年)に15万、火災当時の明暦3年(1657年)に28万、元禄6年(1693年)に35万、享保6年(1721年)に50万と増加している。武家人口は約50万とされる。
  • この甚大な被害により、上述の名刀を含め将軍家・御三家・大名家所蔵の刀、さらに旗本常備の刀なども多くが焼けた。
  • その結果一時的に数万振りに達すると思われる規模の刀剣需要が起こり、それが「寛文新刀」といわれる鍛刀の盛り上がりを引き起こした。
  • 年号が変わって万治~寛文(1658~1673年)の寛文新刀期には、長曾祢虎徹や江戸法城寺正弘などの江戸の刀工のほか、大坂新刀津田助広井上真改、肥前陸奥守忠吉などが活躍する時期と重なっている。
  • この明暦の大火による需要の高まりが寛文新刀の旺盛な製作を支えたという点も否定出来ない。
    • ※当時江戸だけでは各種物資の需要がまかないきれなかったことは、脇田修氏が指摘している。

      大坂が畿内のすぐれた経済力を背景にもっていたのにたいして、江戸の後背地であった関東の経済発展が遅れており、とうてい百万人の人口をもつ都市の需要をみたすことはできなかった。生活必需品である油、木綿、鉄・銅などの金属製品、皮革製品、薬種、酒にいたるまで、多くの商品が大坂から江戸へ送られていたのはそのためであった。(略)とくに重量があり、かさばる金属類は、京都へ運ぶより、大坂で加工するのがあきらかに有利であった。
      (近世大坂の町と人)