新田肩衝

新田肩衝(にったかたつき)  

唐物肩衝茶入
銘 新田
大名物
徳川ミュージアム所蔵

  • 大正名器鑑所載

    新田肩衝 漢作 大名物
    侯爵 徳川圀順氏蔵

Table of Contents

由来  

  • 新田義貞所持にちなむという。

    当初所持者の氏名に依りて此名を得たるらなん。諸家名器集には新田左中将所持とあれども、其證據審ならず

    新田義貞は、正四位下、左近衛中将。

  • 真書太閤記には次のような記載があるという。

    関白殿下秀吉公御道具のうち、新田肩衝(しんでんかたつき)といふ有り、又泉州堺宗及所持志貴肩衝とあるも、後には秀吉公の御道具となる。新田肩衝と云へば、眞田肩衝と書くべきを、右筆誤て新田と書きしなり、その新田といふは、尾州瀬戸の住人加藤四郎左衛門尉といふもの、栄西禅師将来の茶入壺を、栂尾の明恵上人より受傳へて焼出せり、是を世に口兀手と云ふ、其頃いまだ焼様の口訣もなく、口を下になして焼きしかば、口に藁のかゝらぬ處もあり、また姿よろしからず、然るに四郎左衛門尉、道元禅師に従て入宋し、焼様の次第一切焼物に土を以て鞘を作り、底を下になして焼くことを傳授して帰朝し焼きしかば、藁も能く解け土も融和し、脂(ニットリ)と見事に出来たり、是を眞田(シンデン)といふなり

    つまり瀬戸の加藤四郎左衛門尉(藤四郎)が、道元禅師に従って宋で焼き方を学び、その手法で焼き上げたものを眞田と呼ぶ。その”眞田”肩衝を”新田”肩衝と誤記したものだという。

  • しかし津田宗及茶湯日記には「につた」と記してあり、また毛利家伝の太閤自筆の茶湯道具書付にもかなにて「にんたかたつき」と書かれているため、「しんでん」ではなく「にった」で間違いないという。
  • 結局由来は不明なままだが、「しんでん」ではないことだけが明らかとなっている。

来歴  

  • 来歴概略
    村田珠光─三好宗三─織田信長─明智光秀─大友宗麟────┐
                                │
    ┌───────────────────────────┘
    │
    └豊臣秀吉─豊臣秀頼─徳川家康─水戸頼房─同家伝来
  • 元は村田珠光の所持。

三好宗三  

  • のち三好宗三へと伝わる。
    津田宗及茶湯日記の天正九年四月十七日条に、会主の名を挙げずに新田肩衝の実見記を載せている。これが三好宗三の茶事であるという。

信長  

  • のち織田信長の所有となる。
  • 天正10年(1582年)本能寺の変の際には安土城に残していたため、変の後明智方により押収される。
  • この後、なぜか大友宗麟の手に渡る。

    新田肩衝 西国に有之分、大友宗麟所持(天正名物記)
    肩衝新田 大友宗麟

秀吉  

  • 天正13年(1585年)、秀吉が所望したためこれを献上している。

    其後豊後の大友宗麟の所有と為りしかば、天正十三年四月秀吉は宗麟に向つて之を所望し、安国寺恵瓊、宮木入道をぶんごに遣はし、五月一日晩大坂に持帰りしにぞ、秀吉大に喜び、似たり茄子と合せて代百貫(或は百二十貫と云ふ)を宗麟に與へたりと云ふ。

    新田肩衝 昔珠光所持、此壺肩衝天下一也、関白様に有り。初花、楢柴と共に、天下に三名物の一なり。豊後の太守より関白様へ、新田肩衝と似たり茄子両種を一萬貫に売るなり。(山上宗二之記)

  • 秀吉はこの新田肩衝をいたく気に入り、様々な場面で用いている。

家康  

  • 慶長20年(1615年)5月大坂城落城の折、家康の命を受けた藤重藤元・藤巌の父子が焼け跡から破片を拾い上げ、漆で繕った上で6月12日に京都で家康に献上する。これを賞して百石二十人扶持を与えられている。

水戸家  

  • その後、家康はこれを水戸家初代頼房に与えており、寛永12年(1635年)8月18日同家の茶会にて新田肩衝を使用したと記録が残る。

    寛永十二年八月十八日二之丸於山里水戸様御茶御上ゲ
     御相伴 細川越中守殿 毛利甲斐守殿 立花飛騨守殿
      数寄道具
     一掛物 両筆俊成定家
     一花生 青磁
     一茶入 新田
     一茶碗 膳所焼
      其他間飾色々

  • 以後同家に伝来。
  • 現在は水戸徳川家ゆかりの徳川ミュージアム所蔵