新田義貞

新田義貞(にったよしさだ)  

鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての御家人・武将
左馬助、播磨守、越後守、左衛門佐、左兵衛督
正四位下左・近衛中将
小太郎

生涯  

  • 正安3年(1301年)~正安3年(1301年)
  • 幼名は小太郎(こたろう)。
  • 新田氏は、八幡太郎義家の弟新羅三郎義光の裔。
  • その経緯から新田家は名物鬼切安綱を継承していた。
  • 義貞は、さらに鎌倉を陥落させた際に北条氏の伝家の宝剣鬼丸国綱を入手している。
  • 太平記によると、義貞はこの名刀二振りを右手に鬼丸国綱、左手に鬼切安綱という二刀遣いで、迫り来る矢の嵐をことごとく切り払ったという。

名刀の行方  

  • 義貞は越前藤島城で自害するが、名刀二振りは越中住人氏家伊賀守重国の手により斯波尾張守高経へと献上され、鬼丸国綱の方は足利将軍家へ渡ったとされる。
  • 鬼切安綱鬼切国綱)は、その後奥州探題斯波家兼の手を経て斯波兼頼から最上家重代の家宝として伝わったという。


関連項目