新刀弁疑

新刀弁疑(しんとうべんぎ)  

鎌田魚妙が出版した刀剣書
新刀を慶長以来と定義付けた
新刀辨疑

Table of Contents

概要  

  • この中で、「慶長以来」とはっきり時期を明示したことで、この後慶長以降に作刀された刀を「新刀」と呼ぶことが広まった。
  • さらに、二巻三巻で位列を示しており、ここでは上々作、上作、上之中作、上之下作、中之上作、中之中作、中之下作の7つに分類している。

上々作  

増補版  

  • 増補訂正した内容で八冊本として出版したもの。
  • 「中心(なかご)軌範」が大幅に増やされている。

新刀弁疑略(しんとうべんぎりゃく)  

  • 「新刀弁疑」が大部になったため、鎌田魚妙の子である真鰭(まひれ)が押形のみを抜粋し天明7年(1787年)に出版したもの。