新々刀

新々刀(しんしんとう)  

  • 天明元年(1781)以降、明治9年(1876年)の廃刀令までに作刀された日本刀を新々刀と呼ぶ。
上古刀奈良時代以前。反りのない直刀
古刀平安時代中期~桃山時代末期
新刀前期慶長元年(1596)~慶安末年(1652)
中期慶安末年(1652)~元禄末年(1704)
後期元禄末年(1704)~安永末年(1781)
新々刀天明元年(1781)以降

概要  

  • 新々刀は、復古刀を目指した水心子正秀により始まる。これに共鳴して諸国から門人が集まり、数々の刀工を育てた。
  • 門弟は数十人を超えたとされ、なかでも大慶直胤細川正義らはさらに門人を受け入れ、多くの門弟を輩出するに至る。

新々刀位列  

最上作
源清麿(山浦清麿)、大慶直胤水心子正秀、左行秀、大和守元平
上々作
栗原信秀、月山貞一、伯耆守正幸、固山宗次、次郎太郎直勝、細川正義山浦真雄、市毛徳鄰、運寿是一、手柄山正繁

代表刀工  

  • 水心子正秀:新々刀の祖。大慶直胤細川正義長運斎綱俊を始め、全国に門弟を育て送り出す。
  • 源清麿山浦真雄
  • 大慶直胤(たいけいなおたね):羽前山形の生まれ。荘司箕兵衛。鎌鍛冶であったが24歳で刀工を志水心子に師事する。腕は師を遥かに凌駕すると評価される。娘が水心子正秀の養子次郎太郎直勝に嫁いでいる。享和から安政頃。
  • 細川正義:細川良助。細川家は代々甲胄師であったが27歳のとき江戸に出て水心子の門を叩く。のち鹿沼に戻り作刀。文化11年57歳で没。享和元年より。
  • 固山宗次:奥州白河藩の固山宗兵衛。加藤綱英の門弟となる。四谷に住し、後に移住してきた源清麿との逸話が残る。山田浅右衛門ほかの御様御用役とも交流があった。弘化2年に備前介受領。
  • 長運斎綱俊:加藤和泉守国秀の三男で、山形藩工で濤瀾刃の名手であった加藤綱秀の実弟。水心子正秀に師事した後、江戸、大阪、熊本と移り住んだ。当時備前伝の第一人者と称えられるほどの名工であり、甥の石堂是一、弟子では固山宗次、高橋長信、青竜軒盛俊など数多くの優れた門人を生んだ。
  • 月山貞一(がっさんさだかず):月山派。弥八郎貞吉の養子の弥五郎貞一(初代)が大坂に移住。宮本包則と並んで、帝室技芸員に選ばれ、宮内省御用刀匠となる。愛刀家であった明治天皇の軍刀をはじめ、皇族・著名人の作刀を数多く行い、第一人者の地位を確立する。初代貞一以降も、月山家は、大正天皇即位礼の佩用太刀や昭和天皇の立太子礼佩用太刀等、天皇家や皇族の守り刀などにも携わった。長男月山貞勝(1869年-1943年)や孫の月山貞一(二代貞一、1907年-1995年、昭和46年 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定)と、初代貞一の後も名人を輩出する。月山貞利は大相撲の第65代横綱貴乃花、第66代横綱若乃花の土俵入り太刀を製作している。
若乃花太刀
二尺二寸八分(69.1cm)。銘「堅忍不抜 為横綱若乃花勝」と若乃花関が横綱昇進伝達式の際に述べた言葉を刻んでいる。
  • 【宮本包則(かねのり):横山祐包に学ぶ。月山貞一とともに帝室技芸員に選ばれ、宮内省御用刀匠となる。大正15年没。銘は「宮本能登守包則」、のち「帝室技芸員菅原包則」など。大正天皇の軍刀を謹作する。
  • 【左行秀】:東虎と号す。清水久義門下で学び、弘化3年に土佐に戻り抱え鍛冶となる。行秀の前任者が南海太郎朝尊であったため、朝尊は上京して再起を図った。文久2年に江戸土佐藩邸に戻り維新後に国に戻った。「築周住左行秀」「左行秀」「土佐藩士左行秀造之」などの達筆な銘を切る。
  • 【南海太郎朝尊(ちょうそん):多くの門弟を育てた。トモタカと呼ばれる。文政ごろ上京し京伝も修めた。「山城国西陣住朝尊」「平安城住朝尊」「一城堀川住朝尊」などの銘も切る。「新刀銘集録」「刀剣五行論」「宝剣奇談」などを著す。弟子に駒井慶任。
  • 【尾崎助隆】:備後三原の裔、黒田鷹諶(たかのぶ)に師事し、また自らも門下を養成するに至る。備前守助広の作風を倣い、みごとな濤瀾刃を打つ。寛政10年に長門守受領。文化2年に52歳で没。「尾崎源五右衛門助隆」「尾崎長門守藤原助隆」「助隆」銘を切る。
    • 孫の正隆は京都嵯峨に移る。「天竜子正隆」、「尾崎源五正隆」。のち「長門介」を受領。天保~嘉永に活躍した。
  • 【徳川斉昭】:水戸烈公。直江助共、勝村徳勝らが相槌を務めた。菊紋を鎺下に切る。
  • 【水戸住徳宗】:新々刀水戸刀工の師。水戸藩士。「水戸住徳宗作之」「常陸国水戸住徳宗作」など。門下に勝村徳勝(初代、二代)、徳鄰、直江助政、近則など。
  • 徳鄰(とくりん):水戸藩士の出身。市毛姓。尾崎助隆に学ぶ。のち近江介受領。「水戸住市毛徳鄰」「市毛近江介藤原朝臣徳鄰」。二代。
  • 【直江助政】:「水戸住助政」尾崎助隆に学ぶ。



古刀】【新刀】【新々刀】