御物

御物(ぎょぶつ)  

皇室の私有品として、天皇家に伝来した所蔵品のことを指し、絵画、書跡、刀剣などが御物とされている。

Table of Contents

現代の御物(皇室御物)  

現皇室御物  

刀剣としては、次のものなどが御物となっている。

壷切ノ剣
[御由緒物] 壺切御剣
鬼丸国綱
[現皇室御物] 太刀 銘国綱
一期一振吉光
[現皇室御物] 
小烏丸
[現皇室御物] 太刀 無銘
鶯丸
[現皇室御物] 太刀 銘 備前国友成
鶴丸国永
[現皇室御物] 太刀 銘 国永
平野藤四郎
[現皇室御物] 短刀 銘 吉光
会津正宗
[現皇室御物] 刀 無銘正宗
道誉一文字
[現皇室御物] 太刀 銘 一
則宗
[現皇室御物] 太刀 銘 則宗 刃長二尺五寸八分(78.1cm)広島藩浅野家献上
三条小鍛冶宗近
[現皇室御物] 太刀 銘 宗近 刃長78.4cm。小浜藩酒井家献上
  • 山里御文庫 御剣庫蔵(宮内庁管理)


旧皇室御物  

旧皇室御物で、昭和天皇崩御ののち1989年6月に国庫に移されたもの

若狭正宗
[旧皇室御物] 刀 無銘 正宗
京極正宗
[旧皇室御物] 短刀 銘 正宗
浮田志津
[旧皇室御物] 短刀 無銘 志津
長船光忠
太刀 銘 備前国長船光忠。1933年岩崎小弥太から献上。
正家
太刀 銘 正家
行光
短刀 銘 行光

経緯  

第二次大戦後、日本国憲法規定に基づき御物は国有財産とみなされるようになったが、実態としては宮内庁侍従職が御物として管理していた。

第八十八条 すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。
(日本国憲法第88条)

その後、御物の大半は、1988年の昭和天皇崩御に伴う相続手続きにより天皇家から国庫に物納され、宮内庁管轄の三の丸尚蔵館に収蔵されている。

ただし、「三種の神器」など皇室にゆかりの深い品々や皇室伝来の美術品などいわゆる『御由緒物』(皇室経済法7条)については国庫の帰属から除かれ、引き続き「御物」として天皇家の私有財産(宮内庁侍従職管理)となっている。

第七条  皇位とともに伝わるべき由緒ある物は、皇位とともに、皇嗣が、これを受ける。(皇室経済法)

なお、天皇家の皇室御物および宮内庁管理の美術品は、慣例として文化財保護法の対象外となっている。

重要文化財指定や国宝指定を受けない。重要美術品指定を受けた刀剣も、皇室献上とともに指定解除を受けている。


昭和22年(1947年)5月25日から1ヶ月間、東京国立博物館において「刀劔美術特別展覽會」が行われた。この時に出品された御物は以下のとおり。

三条宗近、鶴丸国永平野藤四郎小烏丸鬼丸国綱鶯丸友成十万束信房道誉一文字

時代により変わる御物  

単に「御物(ぎょぶつ)」というと天皇家の所有物を指すが、一般名詞として「御物(ごもつ)」という場合には、お上の所有物の意味であり、権力者の変遷と共に対象者が代わってきた。これは「上様」が指す相手が古くは天皇であったが、室町時代には大名に使われるようになったことと似ている。

「御物(ごもつ)」の始まりは室町時代で、室町時代の政所執事代蜷川親元の「親元日記」寛正六年(1465年)正月の条に「御成始 御物奉行蜷川彦衛門尉」とあり、将軍家の所有物に対して「御物」という敬称を与え、さらにそれを管理する奉行という職制までが登場している。

「親元日記」の著者蜷川新右衛門尉親元の父は蜷川新右衛門尉親当。晩年に出家し智蘊と号す。宗祇が選んだ連歌七賢の一人。一休宗純と親交があり、アニメ「一休さん」で寺社奉行蜷川新右エ門のモデルとなった。

蜷川家文書に「御物御用之銘物事」という文言が登場する。

足利将軍家所用銘物注文
 御物御用之銘物事
一、京物
   宗近三条小鍛冶   定利綾小路   国盛大宮
   国行来太郎   国次
一、粟田口
   國家粟田口   国友藤林   則国藤馬允
   久国   国安   国清
   有国   国綱   国吉
   国光   吉光藤四郎
一、鎌倉
   行光藤三郎   正宗五郎入道   貞宗彦四郎
一、大和
   (安則)清新太夫

ここで、御物だけでは特定することができなくなり、皇室の御物を「内裏(だいり)御物」、将軍家の御物を「公方(くぼう)御物」と称するようになった。永享九年(1437年)には「内裏御物」、一方文明16年(1484年)には「公方御物」が文書に登場する。永正八年(1511年)の「君台観左右帳記」にも「公方御物」が登場している。

「御物」は主に茶道具について先行するが、刀剣についても「宗五大草紙」享禄元年(1528年)において「御物に成り候太刀の銘」としていくつかの刀工の名前を挙げている箇所がある。また「上古秘談抄」には「御物長之寸大方記焉」として、薬研藤四郎以下21振りをあげている。

足利家(足利将軍家御物)、足利将軍を追放した織田信長豊臣秀吉(太閤御物)が所有していたものも当時は"御物"と呼んでおり、江戸時代においては御物とは徳川家所有の物を指した。

だから例えば江戸時代中期に記された「享保名物帳」で"御物"と書かれている場合、それは徳川宗家(将軍家)所有のものということになる。

権力者の御物  

東山御物(ひがしやまごもつ)  

織田信長所持  

太閤御物(たいこうごもつ)  

  • 信長の跡を継いだ豊臣秀吉が金に糸目をつけず蒐集し、一説には名物70口を所蔵したという。多くは形見分けの際に大名家に分散し、残りは大坂の役で消失した。「豊臣家御腰物帳」には44口が所載されている。
  • 享保名物帳では「大坂御物」と記載される。

柳営御物(りゅうえいごもつ)  

  • 徳川家に伝えられた名刀、名物茶道具。享保名物帳では、編纂時に将軍家所蔵刀については「御物」と記載される。
  • 家康が死んだ際に御三家に形見分けされた。
  • 将軍家にも多くが伝わるが、明暦の大火で名刀38口が罹災した。将軍家や御三家、各地の大名が所有する名刀が、享保年間に「享保名物帳」としてまとめられている。

御物に関連する項目