後藤正宗

後藤正宗(ごとうまさむね)  


金象嵌 銘正宗
大磨上
二尺二寸八分五厘

  • 享保名物帳所載

    後藤正宗 象嵌銘長二尺二寸八分 代七千貫 松平加賀守殿
    後藤庄三郎所持、もと光伯求め遣す、表裏に樋、光徳究め也、庄右衛門関ヶ原にて秀忠公へ上る、御遺物として利光卿拝領

    • 二尺二寸五厘、二尺二寸八分、二尺三寸八分五厘など諸説あり

由来  

  • 後藤庄三郎光次の子、庄右衛門広世(二代庄三郎)所持。
  • 慶長5年(1600年)関ヶ原の戦勝祝として秀忠に献上する。
  • 寛永9年(1632年)に徳川秀忠が薨去すると、2月5日御遺物として前田利常(初名利光、寛永6年に利常と改める)に下され、以降前田家に伝わる。
    • 利常が拝領、または郷義弘であった、または同年のうちに幕府に献上したなど諸説ある。
  • 加賀前田家に伝来。
  • 文化9年に本阿弥長根がお手入れしている。