弊衣

弊衣(やれごろも)  

鬼塚吉国の作刀

  • 初代鬼塚吉国は新刀期の筑後を代表する業物として有名な刀工
  • 初代鬼塚吉国は陸奥国棚倉に生まれ、立花宗茂の家老由布壱岐守の斡旋で、棚倉から筑後国柳川城下に移り作刀した。
  • 二代吉国はさらに久留米城下に移住している。

由来  

  • 水戸光圀が筑後柳川の鬼塚吉国の刀で悪僧を成敗したときに凄い切れ味を示したのでこの名を付けた。

来歴  

  • 後年、この吉国を光圀から譲り受けた家臣が火事で焼いてしまい、焼直して試斬したところ刃こぼれしてしまったという。

弊衣  

  • 弊衣とは敞衣、破絹、破れ絹と同意で傷み、より切れやすくなっている状態ということから凄い切れ味を示す。