岩切

岩切(いわきり)  

  • 石割(いしわり)、懐剣(かいけん)とも。

概要  

  • 酒呑童子退治に向かった藤原保昌が、笈に隠して持って行ったという。
  • 元は小長刀であったのを柄を三束ほどに短くして打刀に変えたものだとされる。

岩切  

  • いくつか岩切と名付けられた刀剣が存在する
岩切藤四郎
享保名物帳所載の名物。「長束藤四郎」とも。
岩切海部
阿波海部の氏吉作の名物享保名物帳所載