岐阜国吉

岐阜国吉(ぎふくによし)  

短刀
名物 岐阜国吉
八寸二分

  • 粟田口国吉
  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    岐阜国吉 長八寸二分 無代 御物
    浅野弾正殿所持、其刻光徳五百貫に究め善正寺殿へ上る、秀吉公へ進せらる、岐阜中納言殿拝領、関ヶ原の時上る、表剣、裏護摩箸

由来  

  • 岐阜中納言織田三法師秀信所持にちなむ。

来歴  

  • もと浅野長政所持、この時本阿弥光徳が五百貫の折紙をつけている。
  • のち関白秀次へ献上し、さらに秀次から秀吉に献上される。
  • 秀吉はこれを三法師織田秀信に贈る。おそらく形見分けの時と思われる。

    岐阜中納言 国吉秀吉公御遺物

  • 関が原の戦いでは三法師織田秀信は西軍につき、家康が江戸を出る前哨戦で居城岐阜城を囲まれ、激戦の後落城。
  • 秀信は、福島正則や池田輝政の助命嘆願もあり、高野山に追放される。
  • この時、所領はもちろん重代の家宝も没収されており、国吉も徳川家に伝わったと思われる。
  • 明暦の大火で焼けており、享保名物帳にも焼失の部に載る。