山鳥毛一文字

山鳥毛一文字(やまとりげいちもんじ)  

太刀
無銘 一文字(号 山鳥毛)
刃長79cm、反り3.2cm、元幅3.5cm、先幅2.2cm
国宝
個人蔵(岡山県立博物館寄託)

  • 山焼毛とも
  • 「山てもう」、「山てうまう」、「さんしょうもう」
    「山鳥毛」の読みについては諸説あるが、ここでは文化財登録に従うものとする。
  • 長尾家の伝来では備前長船兼光の作となっているが、現在は鎌倉時代の備前福岡一文字派の作と考えられている。
  • 御家名物
  • 刃長二尺六寸一分五厘、もと身幅一寸二分。表裏に棒樋をかき透す。大房の丁字乱れが鎬にかかり、物打ちの一部は皆焼になっている。
  • 鎺元に切り込みの痕が残る。

由来  

  • 刃文がまるで山鳥の産毛を並べたような細やかな模様になっているため、こう呼ばれるという。

    号は、一説にその刃文が山鳥の羽毛に似ているからというが、他にも説があって明らかでない。(文化財指定 解説文)

  • 上杉家伝来によれば、「遠山の夕べの山やけの景色ににている為」にさんしょうもうと呼んだという(「上杉家刀剣台帳」)

    弘治二年十月謙信公上州御出馬ノ節、白井城主長尾左エ門尉憲景、兼光作山鳥毛(略名)ノ刀ヲ献ス、又山焼毛トモ謂フ、蓋シ焼刃ノ美ナル山鳥ノ尾毛、山野ノ燃ユルノ状ニ似タルヲ以テ、其模様ヲ形容シタルモノナリ

    この時には「兼光」作の極め。「山鳥毛」とも「山焼毛」とも呼ばれていた。

来歴  

管領上杉家  

  • 元々関東管領上杉家の重宝

白井長尾家→上杉謙信  

  • 弘治2年(1556年)10月(後に謙信を名乗る)長尾景虎が、上州白井に出陣した際に白井城主長尾憲景より贈られた。
  • 上杉家では「備前長船兼光」であると極められていたが、現在では一文字とされている。

米沢上杉家御家名物  

  • 以来、世に出さない「御家名物」として米沢上杉家に伝来。
  • 昭和12年(1937年)12月24日重要美術品認定。

    刀 無銘伝一文字 附打刀拵 伯爵上杉憲章
    (昭和12年文部省告示第434號)

  • 昭和15年(1940年)5月3日、旧国宝重要文化財)指定。

    太刀 無銘 傳一文字 附打刀拵 伯爵上杉憲章
    (昭和15年文部省告示第448號)

  • さらに昭和27年(1952年)3月29日に国宝指定(新国宝)を受ける。

    太刀〈無銘一文字(山鳥毛(やまとりげ))/〉

  • 戦後上杉家を出る。
  • 岡野多郎松氏旧蔵
  • 現在個人蔵。

上越市の購入検討  

  • 2016年8月、現在の所有者より謙信ゆかりの地へ譲渡したいという意向が伝わり、これを受け新潟県上越市が2017年度中の購入に向け寄付を募ると発表した。
    評価額は3億2000万円という。

    2016年9月6日に「国宝謙信公太刀(山鳥毛)収集市民会議」を設立し活動開始、同月「ふるさと上越応援寄付金」の募集を開始するという。他自治体居住の一般市民からも寄付を得られるよう「ふるさと納税」の受け入れ準備もすすめるとのこと。